乾燥生姜の効果で夏冷え解消!NHK「ためしてガッテン!」

ショウガのすりおろし

 

生姜は「体を温める効果をもっている」というイメージが強い食材ですね。

 

しかし、生の生姜は「陰性の食べ物」と表現される場合もあり、体を冷やすので注意が必要です。

 

NHK「ためしてガッテン!」で放送された夏冷え解消に効く乾燥生姜(ウルトラしょうが)の作り方、レシピ、生の生姜と乾燥した生姜の効果の違いを紹介します。

スポンサード リンク

生の生姜と乾燥生姜の効果の違い

生の生姜に含まれるジンゲロールには、発汗作用・代謝を促す効果があり、熱を下げる作用があるといわれています。

 

夏に生姜を食べるときは、冷や奴におろし生姜をのせたり、酢の物にせん切りにした生姜を入れるといった使い方をすることが多いですね。

 

生の生姜は体の余分な熱をとると同時に、殺菌作用もあるので夏場の食材が傷みやすい時期に、このような食べ方をするのは理にかなっているというわけです。

 

一方、生姜は干したり加熱するとショウガオールという物質が増え「体を温める作用」に変わります。

 

冬には、体を温めるために、ショウガを入れたくず湯やしょうが湯、ショウガ紅茶を飲むことが多くなります。

 

夏は生の生姜で発汗を促し、余計な老廃物をデトックス。

冬は乾燥生姜で体温を上げ、代謝・免疫力アップ。

 

このような使い方をするのがオススメといえるようです。

 

ですから、夏の冷えを解消したい場合には、乾燥生姜を意識して使ってみてはいかがでしょうか。

 

乾燥生姜を手軽に作るには!ガッテン流ウルトラしょうがの作り方

生姜は皮が厚いので乾燥させようとしても、そのままの形では、なかなか水分が抜けません。

 

ところが「スライスして乾燥」させる方法なら、意外なほど簡単に乾燥生姜を作ることができます。

 

生姜を厚さ1〜2mmにスライスした後、室内放置なら1週間程度、天日干しなら1日で乾燥生姜が出来上がります。

 

番組では電子レンジでの調理法も紹介されました。
しかし、実際に試してみた人から「生姜が燃えた」という連絡があったそうです。
電子レンジに入れる分量や厚さ、含まれている水分量、電子レンジの機種など条件によっては生姜が燃える恐れがあることが分かったそうです。
安全のためにも電子レンジで作るのはやめたほうがよいでしょう。

 

乾燥生姜のレシピ

乾燥させると香りがなくなってしまうため薬味としては生の生姜に劣ります。

 

反面、味は凝縮されて旨みが感じやすくなるためスープや生姜焼きでは生の生姜より優れています。

 

◆乾燥生姜スープの作り方(2人分)
水 600ml
乾燥ショウガ 2g
鶏ガラスープの素 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2

 

水に材料をすべて入れ、一煮立ちさせたら完成です。
ワカメや溶き卵を入れても美味しく食べられますよ。

 

◆黒酢とショウガのドリンク
乾燥しょうが…25g
グラニュー糖…30g
氷砂糖…20g
黒酢…600ml

 

材料をすべて混ぜて10日ほど置いたらできあがりです。
炭酸水やお湯で割って飲みます。
炭酸水など200mlに対し黒酢ドリンク大さじ1が目安です。

 

ガッテンでは、その他、しょうがチャーハンなどの作り方が紹介されました。

 

夏場こそ生姜で温活!

クックパッドなどのレシピサイトを検索すれば、生姜料理をたくさん見つけることができます。

 

常備菜などで気軽に毎日の生活に生姜を取り入れてみましょう。

 

毎日、生姜を食べるのは無理という場合には、サポートとしてサプリメントを取り入れるのもオススメですよ。

 

冷え性・低体温の改善に役立つサプリメント一覧はコチラ

 

 

※この記事は2016年7月15日に書かれたものです(2017年11月20日更新)

スポンサード リンク