みんなの家庭の医学 冷え性

テレビ朝日「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」2015年1月27日の放送は
「悪化させる温め方が判明!名医が教える冷え症徹底改善法SP」と題し、
自律神経を整える入浴法や冷え症を改善できる温泉などが紹介されました。

スポンサード リンク

みんなの家庭の医学|冷え症が悪化する対処法とは

順天堂大学の小林弘幸先生によると、間違った対処法で身体を温めていると、冷え症が悪化することがあるそうです。

 

番組では、冷え症に悩んでいる女性2人の普段の冷え症対策が紹介されました。

 

◆冷え症歴30年、48歳の女性の場合

 

暖かい室内でも、外履き用のムートンブーツ、フリースの靴下カバー、厚手の靴下などを4枚も履いています。
上半身も下着の上に温かいフリース地の服などを3枚も重ね着しています。
足の表面温度を測ってみると、健康な人なら30度はあるという温度が19.6度しかありませんでした。

 

【実践している冷え症対策】

 

重ね着をして、ヒーターで身体を温める。
生姜を2日に1回は食べ、就寝用の布団は6時間も前から電気毛布で温める。
お風呂は、42度のお湯に30分近く浸かる半身浴。

 

◆冷え症歴14年、34歳の女性の場合

 

暖かい室内でも重ね着と分厚いコートが欠かせない。

 

【実践している冷え症対策】

 

南米アンデス原産の芋の葉や茎から作られたヤーコン茶や生姜のホットドリンクなどを1日10杯は飲む。
寝る1時間前から布団乾燥機で布団を温める。
お風呂は、41度のお湯に30分浸かる全身浴。

 

冷え症改善に効果的な自律神経を整える入浴法

 

番組では、この2人の女性の様子を小林弘幸先生にみてもらい、間違った冷え症対策について説明がされました。

 

今回のケースで、見直す必要があったのは入浴法。

 

お風呂の入り方を間違うと、かえって冷えてしまうそうです。

 

40℃以上の熱いお湯に入ると交感神経が優位になり、39℃以下のぬるめのお湯に入ると副交感神経が優位になります。

 

交感神経が優位=血管の収縮

 

なので、血行が悪くなって、冷えてしまうという訳ですね。

 

熱いお風呂に入って、一度自律神経が乱れると、なかなか治りにくく、慢性的な自律神経の乱れが冷え性悪化につながっていきます。

 

衣類や食べ物で冷え性対策をしても、自律神経が乱れていると効果がでないといわれています。

 

自律神経を整える入浴方法のポイントは2つ。

 

1.お湯の温度は39〜40度
2.半身浴→全身浴→半身浴

 

全身浴5分、半身浴10分、合わせて15分が目安です。

 

しかし、時間にこだらわず無理のない範囲の時間で入るのがよいそうです。

 

冷え性に効く温泉の成分とは

 

お湯に塩分を多く含み、身体を温めてくれる塩化物泉は、冷え性改善に効果があるそうです。

 

温泉のスペシャリスト、国際医療福祉大学大学院の前田眞治先生がすすめる冷え症を改善できる温泉が紹介されました。

 

ちなみに、温泉について、ネットで調べてみたところ、日本の温泉は、単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉、炭酸水素塩泉、硫黄泉、炭酸泉、放射能泉など大きく9種の泉質に分類されるとか。

 

日本には、鹿塩温泉(長野県)、塩原温泉(栃木県)、塩田温泉(兵庫県)などの塩化物泉があり「塩」の字がついた温泉名が目立つそうです。

 

また、二酸化炭素が成分として含まれた炭酸泉も冷えに効くといわれています。

 

二酸化炭素が末梢の血管に入ると、血管が拡張して血行がよくなり、酸素が放出されて、ますます血管が開くので冷えに効果的なのだそうです。

 

日本の炭酸泉には、有馬温泉(兵庫県)、長湯温泉(大分県)、塩沢温泉(岐阜県)、みちのく温泉(青森県)、薬師温泉(北海道)などがあります。

 

関連記事
入浴剤の温め効果で冷え性改善

 

たけしの家庭の医学 感想

冷え性改善効果がある入浴法も、入り方を間違うと逆効果、悪化させることもあるとはビックリですね。

 

温泉に行きたいものですが、なかなか行く機会がないのが残念です。

 

重炭酸の入浴剤なら自宅で手軽に温活できるので利用するのもいいかもしれませんね。

スポンサード リンク