冷え性・低体温に漢方薬を利用するメリット

冷え性・低体温に効く漢方薬

漢方薬を利用するメリットは、自分の体質に合わせた種類を利用できるということでしょう。

体温が低いといっても、冷えとのぼせが混在する場合など症状には個人差があり体質も異なります。ですから、それに見合った漢方薬を飲まないと効果は得られません。

漢方薬の中には体を温める処方がたくさんあります。自分の体質にあった正しい使い方をすれば、漢方薬は非常に高い効能を発揮します。

スポンサード リンク

低体温改善に効果が期待できる漢方薬

八味地黄丸(ハチミジオウガン)
 血液の循環を改善させることで体温を上げる効果を持った漢方薬。
 体の冷えを取り除く作用があります。

人参湯(ニンジントウ)
 体温を上げる以外にも、消化・吸収の働きを活性化させる効果を持った漢方薬。
 腹部や手足の冷えがあり、さらに下痢や食欲不振などの胃腸機能が低下している
 場合に用いられます。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
 生理不順や不妊症、更年期障害といった女性特有のトラブルによく使用される漢方薬。
 血行促進やホルモンバランス調整などの効能を持っています。

五積散(ゴシャクサン)
 体の冷えや湿気が原因で起こる腰や関節の痛みなどに使用される漢方薬。
 冷え性や胃腸虚弱な方で、比較的症状の軽い腰痛、関節痛、頭痛、更年期障害、
 感冒等の症状を改善します。

冷え性改善に効果が期待できる漢方薬

冷え性は、いくつかのタイプに分けることができます。女性では血虚タイプ・血於(けつお)タイプ・気滞タイプが多いといわれています。

関連記事
たけしのみんなの家庭の医学「冷え症のタイプ別解消法」について

血虚タイプ
 身体を暖めるための血が減ってしまったタイプです。若い女性に多く見られ、生理不順を
 訴えるケースが多いです。お風呂に入っても手足が温まらない、布団にヒーターを入れても
 寒いなどの悩みがあります。この冷え性のタイプには婦宝当帰膠当帰芍薬散などが
 オススメです。

血於タイプ
 血の流れが滞ってしまい体の端まで暖められなくったタイプです。血虚タイプと同時に
 起こることがあります。生理痛や肩こりなどが起こりやすくなります。
 温経湯桃核承気湯を併用する場合があります。

気滞タイプ
 気のめぐりが悪くて「陽気が末梢までいきわたらない」タイプです。
 ストレスによる場合か、病気をしたことや年齢(加齢)などによる元気が不足している
 場合があります。この場合は、ストレス、PMSの改善が大切になり、「清心」「四逆散」、
 陽気や元気が不足している場合は症状を見て「真武湯」が良いでしょう。

冷え性・低体温改善サプリ一覧はコチラ

漢方薬はどこで購入する?

漢方薬は、医師や専門薬局で処方してもらえます。冷えを改善するには体質や症状に合わせて選んで正しく服用することが大切です。自己判断は避けて、まずは、信頼のおける漢方の専門家へ相談することをオススメします。

漢方薬局が近くにない、忙しくて行く時間がないという場合は、ドラッグストアで販売されている市販の漢方薬を試してみるのもよいかもしれません。

薬剤師さんのアドバイスをもとに選びましょう。症状が軽快しないときは医師の診察をうけることをオススメします。

【第2類医薬品】クラシエ 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょくとう) 48錠

冷え性の東洋医学的見方

東洋医学では冷え性はどのように治療していくのでしょうか。

 

西洋医学では病気を部分的に取り上げ化学薬品や手術などで治療していきます。

 

一方、東洋医学では、体の不調な部分を診察すると同時に冷えやほてりの有無など全体像を診察し、体のバランスを整えます。

 

東洋医学では、病気は体の陰陽のバランスが崩れている状態と考えているのです。

 

東洋医学の治療薬は、草根木皮を原料とした漢方薬を用います。個々人の体質はそれぞれ異なり、体を温める薬にも様々な種類があります。

 

関連記事
高麗人参の健康効果|冷え性改善に効果があるって本当?

 

一言に冷え性といっても同じ薬を処方するわけではありません。

 

若男女、体力の強弱、体質や冷え性の度合い、体のどの部分が具合が悪いかによって処方する薬は異なってきます。

 

東洋医学では個々人の体質を元に体のバランスが崩れる原因や状態を見極め改善することで根本から冷え性を治そうとしていくのです。

 

東洋医学の治療には、漢方薬治療のほかに、医食同源に基づいた食事療法やツボに灸や鍼を打つなどして体の苦痛をやわらげる鍼灸療法、気功療法などがあります。

 

 

※この記事は2013年5月24日に書かれたものです(2017年6月14日更新)

スポンサード リンク