酢は体を温める食べ物?冷やす食べ物?

酢は、美容や健康によいというイメージがありますね。疲労回復やダイエット、血液サラサラ効果など、酢を毎日の生活に取り入れることで、たくさんの効果が期待できます。

 

冷え性改善にも効果が期待できるといわれ、もろみ酢や黒酢などを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、酢は体を冷やすので冷え性の人はあまり飲まないほうがいいとも言われています。

 

ネットで調べてみた結果、酢は体を冷やすというサイトもあれば、逆に体を温めるというサイトもあって、どちらが正しいのか、よくわかりませんでした。

 

いったい本当はどちらなのでしょう?

スポンサード リンク

酢に冷え性改善を期待できる理由

酢は、体を冷やす陰性の食べ物という理由から、冷え性の人が摂り過ぎるのは良くないといわれています。

 

一方、酢には毛細血管の血液循環を良くする効果があります。
酢を飲むことで血液がサラサラになり、血液が体の隅々にまで流れるようになるので、体が温まるのです。

 

ですので、酢は冷え性改善に効果が期待できるといってよいのではないでしょうか。

 

つまり、冷え性に「酢がいけない」ということではなく、大切なのは酢の摂り方や量だと管理人は思います。

 

タマノイ酢株式会社のサイトによると酢に期待できる健康効果には以下のことがあると紹介されていました。

 

・便秘の改善
・疲労回復
・内臓脂肪を減らす
・高血圧の抑制
・血中脂質を低下

 

正しい酢の飲み方で冷え性改善

酢が体に良いからといって多量に飲むのは禁物です。
正しい飲み方をしないと体に負担をかけてしまいます。

 

1日に必要な酢の量は、大さじ1杯分15mlといわれています。

 

飲む時間はいつでもかまいませんが、空腹時に飲むと胃に負担をかけることもあるので避けましょう。

 

濃度が高い酢をそのまま飲むのもよくありません。酢の強い酸で口内や食道、消化器に負担をかけることになります。

 

酢を飲む際は、水やジュースなどで3〜4倍に薄めるとよいでしょう。

 

肌寒い時期には、ホット・サワー(お湯割り酢)を試してみるのもよいかもしれませんね。

 

お湯割り酢とは文字どおり、お酢をお湯で割って飲むこと。
温かくして飲むことで、胃腸の負担も減り、体を温める効果も高まるといわれています。

 

酢サプリメントを取り入れるメリット

酢には多くの健康効果があるとはいえ、毎日、酢を摂りつづけるのはむずかしいものです。

 

サポートとしてサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。
以下のようなメリットがあります。

 

・酢が苦手でも飲むことができる
 ソフトカプセルタイプなら味がしないので飲みやすいです。

 

・胃への負担が少ない
 空腹時でも飲むことができるので胃腸が弱い人はサプリメントのほうが向いています。

 

・手軽に続けられる
 飲み方が簡単で、携帯できるので、いつでもどこでも手軽に飲めます。
 液体の酢と違って酸触歯(さんしょくし)の心配も不要です。

 

香酢サプリメント、黒酢サプリメントなど多くのメーカーから販売されています。

 

当サイトで紹介している「くろす美人丸」は、玄米黒酢にショウガ、トウガラシ、アセロラなど植物由来の成分がバランス良く配合された黒酢サプリメントです。

 

管理人は即効性の効果が実感できました。
⇒体験談はコチラ

 

冷え性・低体温改善サプリメント ランキングはコチラ

 

酢と冷え性の関係については色々な考え・意見があるかと思います。
この記事がひとつの判断材料として少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

※この記事は2013年8月13日に書かれたものです(2017年11月27日更新)
 使用感・メリット等は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

スポンサード リンク