冷え性・低体温の原因[カテゴリー]

冷え性・低体温の原因

冷え性・低体温の原因に関する記事の一覧です。

 

女性はもちろん、男性も子供も高齢者も、年齢・性別を問わず、冷え性や低体温の症状に悩まされている人は増えています。頭痛、だるさ、足のむくみ…、体の不調は冷えからくるものかもしれません。

 

冷え性・低体温対策をするために、まずは、原因を知りましょう。


冷え性・低体温の原因記事一覧

年齢によって冷え性のタイプは変わります。ここでは、10代女性に多い冷え性の症状・原因・改善方法を紹介します。10〜20代の若い女性に多いのは、手や足の先(=末端)が冷えるタイプです。「末端冷え性(末端四肢型冷え性)」と呼ばれます。指先を温めても、なかなか温まらないのが特徴です。友達に「手を触ると氷のように冷たい」と言われるのに、本人には冷えている自覚がない場合もあります。

高齢者の体温が低くなる主な原因は、以下の2つです。@寒さに対する感覚が鈍くなる老化や持病の服薬、自律神経障害などにより寒さを感じにくくなります。A体温調節の機能が低下するもともと、人間の体は寒くなると体の中心部の温度を保つために末端(手足)の血管を収縮させて血流を減らし、体内から熱が逃げるのを防ぐ仕組みをもっています。そのため、寒くなると手足が冷たくなってしまうというわけです。しかし、高齢になるに...

冷え性の男性が増えているといわれています。冷え性といえば圧倒的に女性に多い症状と考えられていました。ところが、男性も6割以上の人が冷えを感じたことがあるのだとか。一般的に男性が冷えを自覚するようになるのは50歳を過ぎたころからですが、若い男性の間にも冷えは広がっています。冷えは老若男女を問わず起きる症状といえるでしょう。ちなみに、20代男性では4人に1人は冷え性の悩みがあり、特に足の冷えに悩んでい...

タミフル(有効成分:リン酸オセルタミビル)は、A型又はB型インフルエンザの治療薬です。カプセルタイプと小児用のドライシロップタイプがあります。インフルエンザウイルスの増殖を抑え、発症から48時間以内に服用すれば高熱が下がり、回復が早まる効果があるといわれています。タミフルには異常行動が大きく取り上げられていますが、その他にも低体温になるという副作用が報告されているそうです。タミフルは、一般的には安...

冷え性は男性にも症状が出ますが、女性に多い傾向があります。冬に冷えるのはもちろん、真夏でも体が冷えるなど、季節に関係なく冷えに悩む女性は少なくありません。冷え性に悩む女性を年齢的にみると10代から60代までと幅広いのですが、特に思春期や更年期に多く見られます。手足が冷たい、下半身が冷えるなど、人によってその症状もさまざまです。冷えがあまりに酷いあまり、のぼせてきたり、手足が火照るということもありま...