たけしの本当は怖い家庭の医学|お腹が冷える内蔵型冷え症

テレビ朝日 たけしの本当は怖い家庭の医学、2009年1月20日の放送は、「内蔵型冷え症」と「冷え性の予防・改善料理」でした。

テーマ(1)では、「本当は怖い寒がり〜その身を凍らす悪魔〜」と題して、内臓の冷えの恐ろしさについて紹介。

ある30歳の主婦は、人より少し寒がりなことが悩み。冬は夫と暖房の設定温度で言い争い、夏は職場のクーラーで体が冷えるのを我慢していました。

ある日、彼女は、残業続きの帰り道で、お腹がひどく冷えているのを感じます。厚着をして外出することにしますが、汗をかくのに体はどんどん冷えていくばかり。さらに気になる異変も現れて…というケース。

病名は、裏寒(りかん)による冷え(内蔵型冷え症)でした。

スポンサード リンク

お腹が冷える内蔵型冷え症

日本の女性に多くみられる一般的な冷え症は、手と足の先が特に冷える「四肢末端型冷え症」です。

人間の身体は、気温が低くなると熱を外へ逃がさないよう手足の血管が収縮し、温かい血液を体の中心に集めようとします。これは、生命維持に大切な内臓を守るためです。この反応が過剰に起きてしまうと手足が特に冷えてしまうことになります。

「内臓型冷え症」というのは、身体の中心部である内臓が冷えてしまう冷え症のことです。

内臓が冷えるタイプは、気温が低くなっても手足の血管が収縮しないため、温かい血液が内臓に集まることもありません。外気によって手足から熱が奪われ、体の中心がどんどん冷えてしまうのです。

内臓を冷やしてしまうと機能が落ち、免疫力低下に陥ります。風邪を引きやすくなったり、膀胱炎や月経困難症といった病気になりやすくなります。

内臓型冷え症は、手足は血流がよく温かいため、症状に気付きにくいという困った点があります。さらに、重ね着で汗をかきやすくなり、汗が冷えることで体の中心をもっと冷やしてしまうのです。

テレビの症例では、夏に必要以上にクーラーを浴び続けたこと、仕事による疲労が重なって体のバランスが崩れたことが原因として挙げられていました。

お腹が冷えると下痢や便秘になることが多い人は、内臓型冷え症かもしれません。自分の冷えのタイプを知って、それにあわせた対策を取るようにしましょう。

冷え性の予防・改善料理

テーマ(2)では、「奥薗壽子さんの、運動しなくても身体がポカポカ!冷え性の予防・改善料理」と題して以下の三品の作り方が紹介されました。

・簡単で短時間でできる「豆腐のドライカレー」
・身体の中を保温する効果がある「鮭のきのこあんかけ」
・常備菜にもなる「鶏胸肉の南蛮漬け」

「お腹の冷え」は意外と気が付きにくいものですが、時々、お腹に手を当てて冷えていないかチェックしてみるとよいかもしれませんね。

冷え性改善には、食事と生活習慣の見直しが基本ですが、なかなか効果が実感できない場合は、サプリメントを利用するというのも、ひとつの手です。

冷え性・低体温改善サプリメント ランキングはコチラ



※この記事は2009年1月22日に書かれたものです(2013年6月9日更新)
スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ