下半身型冷え症の人は夏バテを起こしやすい!たけしの家庭の医学

テレビ朝日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
2017年7月25日の放送は「骨の老化防止ホルモン&夏バテ体質が判明!SP」と題し、
骨粗しょう症を予防・改善する方法と酷暑の夏に体調を崩さない方法が紹介されました。

 

ここでは、夏バテを起こしやすい体質である下半身型冷え症の予防・改善法についての部分を紹介していきます。

夏バテを起こしやすい体質と、その理由

一般に、夏バテは、脱水による水分不足や屋外と室内の温度差などが原因と言われてきました。しかし、夏に体調を崩しやすい人には、ある特徴的な体質があるのだそうです。

 

千葉大学医学部付属病院・和漢診療科診療教授の並木隆雄さんによると、夏バテを起こしやすい体質は「下半身型冷え症」だということです。

 

※冷え症は「全身型」「四肢末端型」「下半身型」の3つのタイプに分けられます。
 足が冷える、お腹から下が冷えるという人は下半身型冷え症になります。

 

番組では、下半身型冷え症の女性2人と冷え症でない女性1人に協力してもらい、なぜ下半身型冷え症の人が夏バテしやすいのかを検証しました。

 

冷房の効いた部屋で30分間過ごしてもらい、10分おきに全身の体温を計測しながら、サーモグラフで体温の変化をチェックします。

 

30分後、下半身型冷え症の女性には足先の温度低下と上半身の温度上昇がみられました。冷え症のない女性も少し足先に温度低下がおきていました。

 

ここで注目なのが、上半身と下半身の温度差です。

 

冷え症のない女性は、足先とおでこの温度差はわずか2.5度。一方、冷え症の女性は1人が5.3度、もう1人は8.5度の差が出ていました。

 

下半身型冷え症の人は、下半身にいくべき熱が上半身にとどまり、冷えのぼせといわれる状態になっていたのです。

「冷えのぼせ」とは

足は冷えるのに上半身はのぼせる状態のことを「冷えのぼせ」と呼びます。

 

理由ははっきりとわかっていませんが、下半身型冷え症の人は、エアコンなどの冷気にあたった時、下半身の自律神経だけが過剰に反応し、血管を必要以上に収縮します。そのため、体で作られた熱が下半身に運ばれず、足が冷えてしまいます。

 

一方、上半身では下半身に向かえない熱が溜まり続け、のぼせるほど体温が高くなってしまいます。一度エアコンの冷気に対して過剰に反応してしまった自律神経はその反応を止めることができません。血管の収縮は更に進み、ますます下半身は冷え、上半身は熱をためてしまいます。

 

この「冷えのぼせ」の状態のまま、気温30度を超える屋外に出てしまうと、上半身の体温は更に上昇。脳の温度も上昇するため、めまいや意識がボーっとするなどの症状があらわれます。

 

大量に汗もかくので脱水状態に陥り筋肉の機能も低下。だるさなどの夏バテ症状が出てしまうと考えられるのです。

 

下半身型冷え症の人が夏バテを起こしやすいのは、上半身と下半身の温度差が大きいことが原因といえるでしょう。

 

温度差を小さくするには、下半身や足の血流を良くすることがポイントになります。番組では、家庭で簡単にできる体質改善法としてツボと薬膳が紹介されました。

下半身型冷え症を予防・改善|夏バテ予防に効果がある3つのツボ

血海と太渓

@血海(けっかい)
脾(消化器)の機能を高め全身の血流を良くするツボ。膝の皿から指3本分上。

 

A太渓(たいけい)
下半身や腹部の血流を良くするツボ。内くるぶしとアキレス腱の間の窪んだ部分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B八風(はっぷう)
足先の血流を良くするツボ。両足指の間の付け根8か所(左右でそれぞれ4つずつ)
八風

 

ツボを押す時間は1回につき10秒くらい。1日に何度押しても良いです。気持ち良い所や軟らかい所は優しく、少し痛い所や硬い所はイタ気持ちいいくらい強く押します。

 

ツボ押しは体質改善を目指すものなので、すぐにやめず1ヶ月は続けるようにしましょう。

◆千葉大学医学部附属病院のレシピ本

千葉大学病院の薬膳ごはん

下半身型冷え症を予防・改善|かんたん薬膳レシピ

薬膳は漢方薬と同じで、食べてすぐに効果があらわれるものではありません。症状に合わせた食材を食べ続けることで、時間をかけて体質を徐々に変えていく方法です。

 

下半身型冷え症は上半身に滞っているエネルギーを体全体に巡らせる食材を食べ続けることで改善できるといいます。

 

番組では、巡りをよくする夏バテ防止の作り置き薬膳としてセロリと玉ねぎの鶏肉炒めの作り方が紹介されました。考案したのは千葉大学医学部附属病院のレストランで並木先生とタッグを組み、薬膳レシピを作っていた中村きよみさんです。

 

玉ねぎとセロリには体中にエネルギーを巡らせる効果が、シナモンには上半身にたまった熱を下半身に下げる効果があるといわれています。

 

【セロリと玉ねぎの鶏肉炒め】
◆材料
鶏むね挽肉:150g
アスパラ(茹で・5o輪切り):1本
玉ねぎ(1.5cm角切り):2/3個
セロリ(1.5cm角切り):1/2本
パプリカ(1.5cm角切り):1/3個
松の実:大さじ2
オリーブオイル:大さじ1と1/2

 

(調味料)
オイスターソース:大さじ1と1/2
ナンプラー:大さじ2と1/2
レモン汁:大さじ1
塩:小さじ2/3
こしょう:少々
カイエンペッパー:小さじ1/2(なければこしょうでも可)
シナモン:小さじ1/2

 

◆作り方
@オリーブオイルで鶏むね挽肉をパラパラになるまで強火で炒める
A玉ねぎ、セロリ、パプリカ、アスパラ、松の実を加えて炒める
Bナンプラー、オイスターソース、塩、こしょう、レモン汁、カイエンペッパーを加えて味を調える
Cシナモンを加えて出来上がり

 

作り置き薬膳を5日間食べ続けた効果は?

作り置き薬膳で下半身型冷え症を改善できるか検証した結果が紹介されました。

 

@毎日1食(作り置き薬膳)を食べる
A3つのツボを押す
B検証期間は5日間

 

同じ料理を食べ続けるのは大変ですよね。番組では「セロリと玉ねぎの鶏肉炒め」を以下のようにアレンジして食べていました。

 

1日目:ご飯にかける
2日目:パスタにあえる
3日目:ぶっかけそうめんにのせて
4日目:トルティーヤ(トウモロコシの生地)に巻いて
5日目:オムレツの具材として

 

気になる検証結果は…
検証前は、足先と顔の温度差が7度近くあったのが、5日後には温度差は0.5度。検証に協力した女性も体質改善の効果を実感できたようでした。

番組をみた感想

上半身と下半身の温度差が夏バテにつながるとは意外でした。更年期障害で「冷えのぼせ」に悩まされている人にも、今回の方法は効果が期待できるのではないでしょうか。

 

番組をみて始めて知ったのですが、ツボは民間療法ではないのですね。世界保健機関(WHO)にも医学的有効性が認められている治療法だったとは!

 

疲れ目や肩こりなど不調を感じたときにツボ押しすることもありましたが、本当に効くのかな?と半信半疑だったのです。ツボは自宅で気軽に取り組める方法なので、これからは多いに活用していきたいと思いました。

 

作り置き薬膳は作り方が簡単なので一度試してみるつもり。料理自体も参考になりましたが番組で紹介されたアレンジも役立ちそうです。あれなら毎日あきることなく食べ続けられます。

 

ただ、巡りに良い食材を毎日意識して食べ続けるのは難しいもの。冷え性サプリメントの中には巡りを良くする成分が配合されている製品もあります。薬膳料理を食べれなかったときの補助としてサプリメントを利用するのもよいかもしれません。

冷え性・低体温改善サプリメント ランキングはコチラ

めぐりを良くするサプリメントを試した感想はコチラ

 

ビートたけしさんが司会を務める「家庭の医学」。タイトルが違う?と思ったら、2017年7月から「名医とつながる!たけしの家庭の医学」に変わったんですね。

 

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」というインパクトのあるタイトルで番組が始まったのが2004年4月。

 

2010年1月からは「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」にタイトルが変わっていますが、レギュラー番組として約13年間も続いているそうですよ。

 

番組では今まで以上に「健康寿命」に焦点を当て信頼できる最新情報を紹介してくれるということ。今後も見逃せない番組です。

 

 

 

※この記事は2017年7月28日に書かれたものです(2017年7月30日更新)

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ