ためしてガッテンの冷え性改善&血管若返り術

NHK「ためしてガッテン」2017年2月8日の放送では「つら〜い冷え症が改善!血管若返り術」と題し、冷え症だけでなく血管まで若返らせてしまうという新ワザが紹介されました。

 

冷えによる血行不良は血管の老化を招く!?

最新の研究によると、冷え性の人は普通の人に比べると血管が硬い(血管が老化)ということが分かったのだとか!

 

冷え性の人は、身体が冷えてつらいという症状だけでなく、血管が老化することにより疾病にかかるリスクが高くなるということになります。

 

脳梗塞を引き起こす危険な冷え症とは

血圧変動は、脳の血管に影響し、脳梗塞を引き起こすリスクが高くなることが分かっているそうです。

 

原因は、血管が硬くなっていることと、自律神経が乱れていること。つまり、血圧変動と冷え症を引き起こす原因は全く同じなんですね。

 

健康診断などで血圧に異常はなかったという場合でも血圧変動が起こっている可能性はあるので要注意です。

 

番組では、危険な冷え症を見分ける測定法が紹介されました。

 

危険な冷え症を見分ける簡単な方法

1.座った状態で普通に血圧を測ります。
2.その後、一度、立ち上がります。
3.そして、再び座った状態で血圧を測ります。

 

立って座るだけで血圧の変動が大きければ、日常生活でも激しい血圧の変動が起こっていると考えられますね。

 

2回の測定値(上の値:収縮期血圧)の差が15以上であれば、危険な冷え症である可能性が高いそうです。

 

何度も測っても差が15以上の場合は、循環器内科など血圧の専門医に診てもらいましょう。

 

血管の若返りで冷え症を改善!

ガッテンでは、今まで様々な冷え性対策を紹介してきたわけですが、今回の新ワザ「血管のばし」が生み出されたきっかけというのが、「冷え症の人の血管が硬い、ということは、逆に柔らかくしたら冷え症も良くなるのではないか」ということだったそうですよ。

 

実際に冷え症の方に3週間試してもらった結果、全員の冷え症が改善し血管も若返ったそうです。

 

血管のばしの方法

以下の5つのポーズを左右30秒ずつ行います。回数は朝と夜の1日2回(計1日10分)

 

1.ふとももの血管
・正座の姿勢から両手を前につき、片方の足を後ろに伸ばす。
・腰を曲げずに、顔は正面を向いて、太ももの付け根をストレッチする。

 

2.ヒザの血管
・両手で片方のヒザを押さえる。
・反対の足をゆっくり曲げながら腰を引き、ヒザの裏をストレッチする。

 

3.ふくらはぎの血管
・正座の姿勢から、片方の足を立てる。
・両手をヒザの上に置いて、反対の足を軽く開く。
・胸を太ももに付けるように体を前に傾ける。

 

4.ふともも&スネの血管
・正座の姿勢から両手を後ろについて、片足を前に伸ばす。
・反対の足のかかとをお尻に付ける。

 

5.ふともも(裏側)の血管
・仰向けの姿勢から片方の足を両手で抱える
・太ももをお腹に近づける

 

※注意事項:ポーズをしている間、呼吸を止めないように気を付けましょう。痛みを感じない範囲で行うようにします。持病のある方は、医師に相談してから行いましょう。

 

番組を見た感想

冬になると健康情報番組で必ず1度は取り上げられる「冷え性対策」。今回のガッテンは冷え性と血管の老化との関連という最新情報が興味深かったです。

 

血管の老化は美容面にも大きな影響があるのではないでしょうか?実際の年齢よりも老けてみえる人は実は血管も老化していた、というのはありそうな気がします。そんなことも考えて真剣にテレビに見入ってしまいました。

 

番組を見た後、すぐに、血圧を測ってみて異常なしと分かりホッと一安心しているところです。とはいえ、管理人は50代ですから加齢により血管は老化しているはず!健康と美容のためにも、今回紹介された「血管のばし」を毎日の習慣として取り入れてみたいと考えています。

 

5つのポーズを全部やっても5分で終わるのですから簡単ですよね。継続することが大切なので、とにかく暖かい春がくるまでは続けたいです。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ