「サタデープラス」で紹介!酢ショウガは冷え性改善にも効果あり

2016年1月30日に放送されたTBSテレビ系「サタデープラス」の「ドクタープラス」というコーナーで「冬の老化を防ぐ次世代アンチエイジング術!酢しょうがで若返り!」と題して、酢ショウガが紹介されていました。

 

「サタデープラス」は、小堺一機さん、関ジャニの丸山隆平さん、小島瑠璃子さんがMCをされている人気番組なので、見ている人多いかもしれませんね。

 

解説していたのは、ショウガに関する本も多数出版している石原クリニック副院長 石原新菜先生です。

 

ちなみに、院長の石原結實先生も生姜に関する本を多数だしています。石原新菜先生は親子2代にわたって生姜を研究している、まさにショウガのプロといえる先生なんだそうですよ。

 

石原 結實 先生著「生姜力」についての記事はこちら

 

酢とショウガの健康効果とは

酢は、血液をサラサラにする効果や代謝アップの効果など沢山の健康効果が期待できる食材です。

 

ショウガは、体を温める効果のほかにも、酢の効果を倍増してくれる働きもあるのだとか。

 

この2つの健康食材をいっしょに摂る酢ショウガは、まさに最高の健康調味料で血管の老化予防にとても効果的だといいます。

 

酢ショウガは温かいものに加えることでショウガオールという成分が増えて基礎代謝を上げる効果が高まり、冷え性に効果的です。

 

酢ショウガの作り方と試した感想

テレビで紹介されたこともあり、2016年は酢ショウガブーム到来なのかもしれませんね。

 

「サタデープラス」では、その後も酢ショウガについて紹介されたらしく、ショウガと黒酢が売り切れになったスーパーもあるとか。

 

1月の放送を偶然観たのですが、小堺さんが試して血管年齢が若返ったというのには驚きました。

 

毎日10日間続けて「酢しょうが」を食べる。

 

たった、それだけで血管年齢が17歳も若返り、血圧や血糖値も下がったそうです。

 

即効性があるなら、試してみたくなりますね。

 

酢ショウガの作り方は簡単です。

 

【材料】
生姜 100g
黒酢 100cc
はちみつ 20g

 

ショウガをみじん切りにしてビンに入れ、さらに黒酢とはちみつを加えて混ぜるだけ!

 

ちなみに、黒酢でなくても普通の酢でもOK。リンゴ酢などお好みの酢を使うのもよいです。

 

また、甘味料もハチミツでなくても大丈夫です。白砂糖は冷えにオススメとはいえないので、三温糖などにするのもよいかもしれません。

 

1日漬ければ完成です。

 

食べる量の目安は、1日スプーン1杯(30g)。

 

私は味噌汁に入れて食べましたが、美味しいので無理なく続けられました。

 

実際に試してみた人の感想をみると、35度台の低体温の人が1週間で36.02まで上がってきたというケースもあるようです。

 

気になる方は試してみるのもよいかもしれませんね。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ