みんなの家庭の医学 夏の冷え症

夏の冷え症

テレビ朝日「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」 2015年8月11日の放送は「夏の冷え症と夏バテの新原因が判明! 今すぐできる予防&解消法スペシャル」と題し、 夏の冷え症改善に効果的な3つのツボや、夏バテ解消 汗出し入浴法、疲労回復物質【FR】の働きを強くする生活習慣が紹介されました。
ここでは、夏の冷え症の原因・予防・解消法についての部分を紹介していきます。

夏の冷え症の新原因

2015年は各地で「酷暑」や「猛暑」と表現するしかないような厳しい暑さが続いています。
しかし、暑い夏でも体に冷えを感じる女性は多いといわれています。
あるアンケート調査によると、女性の約8割が「夏の冷え症」に悩んでいるという結果がでたそうです。
夏に冷え症を悪化させる要因の一つに、暑い外と冷房が効いた室内の温度差がありますが、番組では夏の冷え症の新原因として「身体の中で起きる異常な温度差」について紹介していました。
身体の中で起きる異常な温度差とは、上半身は温かいのに下半身は冷えている状態のこと。
顔がほてっているのに、足腰は冷えている「冷えのぼせ」も、この体の中で起きる異常な温度差によるものです。
人によっては、その温度差が10度以上もあるとか!
夏の冷え症の多くは「下半身型冷え症」タイプだそうです。
夏場のクーラー冷えで症状が悪化するため、下半身の冷えを改善できれば、夏の冷え症も解消できる可能性が大きくなるというわけです。

夏の冷え性 予防・改善にツボ押しが効く!

番組では、夏の冷え症改善に効くといわれる3つのツボと効果的なツボの押し方を紹介。 即効性と予防効果が期待できるといわれています。

1.築賓(チクヒン)
足のふくらはぎの内側にあるツボ。膝とくるぶしの間、下から3分の1の場所にあります。
押す力は、ハンコを押すくらいの強さで良いそうです。
「5秒押してゆるめる」を1セットとして5セット。両足行います。

2.臀中(デンチュウ)
左右のお尻の少し上側にあるツボ。
まず、仰向けになって、両ひざを立てます。
次に、デンチュウの下に軟球やテニスボールを当てます。
そして、反対側の腰を浮かし、腰を動かしながら、ボールでゴロゴロと刺激します。
左右30秒間ずつ行います。

3.八風(ハチフウ)
足の指の付け根、左右それぞれ4か所にあるツボ。
手で足の指を足の裏側に向けて強く曲げます。
5秒間キープしたら、パッと手をはなします。左右5セットずつ行います。

下半身冷え性改善にオススメの書籍・グッズ

ツボ押しという手軽に実践できる方法で予防改善ができるのは嬉しいことですね。
夏場に冷えに悩まされている方は、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、下半身型冷え症を改善・解消する方法は、いろいろあります。
どれかひとつだけに頼らず、ツボ押し、衣類、食生活などで改善していくようにすると、より早く効果が実感できると思います。

例えば、「冷えとり健康法」という方法があります。
ずいぶん前に読んだので記憶があいまいなのですが、冷えとり健康法の本によると、もともと下半身は冷えやすいと説明されていたように思います。
なので、冷えとり健康法では夏でも下半身を温めることを勧めています。
さすがに今年みたいな猛暑日だと実践するのは大変かもしれませんが…。
しかし、役に立つ情報がたくさん書かれているので、冷えとり健康法の中から自分にできることを取り入れて試してみるのもよいと思います。

また、グッズとしては、レッグウォーマーもオススメです。

ふくらはぎ専用レッグウォーマー


参考記事
『これが本当の「冷えとり」の手引書』の感想


スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ