冷え性・低体温に関する書籍[カテゴリー]

冷え性・低体温に関する書籍

冷えとり健康法や冷え性・低体温に関する書籍を紹介しています

冷え性・低体温の書籍記事一覧

「体温を上げると健康になる」に書かれている体温アップの方法を実践したら予想外の嬉しい効果がありました。発売当初、低体温改善に関する本を探していて、この本のことを知り興味は持っていたのです。ほぼ日刊イトイ新聞の「ほぼ日ハラマキ」に、著者である齋藤真嗣先生へのインタビューがのっていて、それを読んだのが購入のきっかけとなりました。低体温が健康に及ぼす影響の大きさは知っていたつもりでしたが、目からウロコの...

『これが本当の「冷えとり」の手引書』は、冷えとり健康法を考案した進藤義晴医師と娘の進藤幸恵さんの共著です。冷えとりをこれから始める人はもちろん、冷えとりを実践中の人にも参考になる一冊です。アマゾンで購入できます⇒これが本当の「冷えとり」の手引書ちなみに、アマゾンでは以下のように紹介されていました。最初に「半身浴」「足湯」「冷えとり」を提唱した、進藤義晴・進藤幸恵による最新刊!約30年前に生まれ、現...

「ずぼらな青木さんの冷えとり毎日」は、青木美詠子さんの冷えとり克服記です。2003年初版ですが、現在でも冷え性に関する本を検索するとよく見かけるのでロングセラー本なのでしょうね。数年前から書名は知っていましたが、未読でした。最近になって、「冷えとり」に興味を持ち、関連する本を読みたくなって進藤義晴さんの『これが本当の「冷えとり」の手引書』といっしょに購入。新藤さんの本では、少し難しい部分もあって「...

薬膳料理で娘の低体温体質を改善できるか試しています。薬膳に興味を持ったきっかけは、漢方&薬膳コンシェルジュ・杏仁美友さんの記事を読んだこと。自身の体調不良を漢方で克服したことを契機に薬膳を学び始めたそうです。今まで、薬膳というと健康には良さそうだけれど、むずかしくて大変という印象があったため、本気で取り組んでみたいという気持ちにはなれませんでした。でも、実際に薬膳で体調不良を克服したという記事を読...

「生姜力」という本を書店で見かけました。表紙がインパクトあって、パッと目に飛び込んできたんです。題名を見て、冷え性について書かれている本かなと思ったのは、常日頃、冷えに悩まされているせいかもしれませんね。著者は、石原 結實 先生。冷え改善関連の本など多数の著書があります。この「生姜力」は、生姜に的をしぼって書かれている本。「BOOK」データベースには、以下のようにありました。“冷えとり”だけじゃな...

川嶋 朗先生の著書です。入浴法、靴下、腹巻きなど簡単に実施できる冷え対策がたくさん書かれているのがいいですね。実際にクリニックで患者さんたちに提案している方法だそうです。毎日の生活に取り入れやすいことばかりで、特別な費用もかからないのが魅力です。冷え性というと女性というイメージがありますが、この本では、男性の冷え性に対して多くのページが割かれているのが印象的でした。自分は冷えているという意識してい...