春も必要な冷え性対策グッズ

春になって日差しが暖かく感じられるようになってくると、冬に行っていた冷え対策もサボりがち。しかし、春は突然に寒さがやって来ることが多い季節です。油断していると、冷え性の人は冷えを悪化させてしまうことになりかねません。

春も冷え性対策を怠らないようにしましょう。

寒の戻り、雪が積もったプリムラ

ところで、すっかり暖かくなってからの寒さのぶり返しは「寒の戻り」とよばれ、中でも、桜の咲くころに寒さが戻って冷え込むことを「花冷え」といいます。

暖かくなってきたなぁ…という体感はあるものの、春に冷えを感じる女性は意外と多いそうです。実は、春になると、暖房をやめて衣類も薄着になってくるため、体は冷えやすくなっています。

また、春の天候の特徴である大きな気温差も冷えを感じる要因になっています。よく晴れた日は、昼の気温は高くなりやすい反面、夜間の放射冷却現象で朝は気温がぐっと下がります。そのため春は一日の気温の変化が大きい季節といえます。高気圧と低気圧が交互にやってくる季節でもあるので、晴れて暖かい日と曇りで肌寒い日が周期的にあらわれ、日ごとの気温差も大きくなります。

このように、春は昼夜の気温差や日ごとの気温差が大きい時期なのです。

気温の変化が大きい時期は体調を崩しやすいので、健康管理にはくれぐれも注意したいものですね。春の冷え性対策は、冬に行ってきた冷え性対策を引き続き行っていくのがよいと思います。

・食生活では、冷たいものを避けて温かいものを摂る、生姜など体を温める食材を摂る、など。
・生活面では、ストレッチやウォーキングなど適度な運動をする
 41度くらいのお風呂にゆっくりとつかる、など。

芸能人も愛用!薬用ホットタブ重炭酸湯は冷え性改善・疲労回復・美容効果が期待できます

薬用Hot Tab【温活365】

春は下半身が冷えやすい!足元を温かく

春も足元は暖かく!

服装については、冬と同じというわけにいきませんね。薄着になることが多くなりますが、急な寒さでも体を冷やさないような工夫が必要です。上半身に比べ下半身が冷えやすくなるので、服装も「足元を温め上半身を涼しく」がポイント。

春になっても靴下やレッグウォーマーで足元の冷えを防ぎましょう。
スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ