冷え性・低体温は夏太りする原因のひとつ

夏太りの原因はいくつかありますが、冷え性も夏太りと無関係ではありません。意外なことに、夏は外気との温度差が少ないことから、基礎代謝量は低い状態にあります。基礎代謝量が低いと、消費エネルギーは少なくてすむので、太りやすいのです。

 

冷え性や低体温の人は、すでに基礎代謝が低下して痩せにくい体質なので、さらに夏太りしやすいといえます。

 

体が冷えると夏太りしやすくなる

冷え性でなくても夏は体を冷やす要素がたくさんあるので気をつけないといけません。

 

冷たい飲み物や食べ物は内臓を冷やして代謝を悪くしてしまいます。暑い屋外と涼しい屋内を行ったり来たりしていると自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなることがありますが、これも内臓の冷えにつながります。

 

このように、体の中心が冷えたままだと、脳は「今は冬である」と勘違いして脂肪を蓄え寒さを防ごうとし、その結果が夏太りにつながります。

 

さらに、冷たい飲み物の摂り過ぎで内蔵を冷やすと、水分の代謝が低下し水分が過剰に蓄えられ、むくみや体重の増加につながります。

 

冷たい飲み物や食べ物は、体を冷やすので摂り過ぎはよくありませんが、カロリーの面からも注意が必要です。冷えたものは、油分も甘味も感じにくいので、つい摂り過ぎてしまいがちなのです。

 

アイスクリームやプリン・ゼリーなどの甘いデザートはカロリーが高いので食べ過ぎに注意をしましょう。スポーツ飲料もカロリーが高いので飲み過ぎないように。

 

暑いときは食べないと体がもたないからと、つい食べ過ぎてしまうこともあります。お酒には食欲増進作用があるので脂肪分の多いおつまみを食べ過ぎてしまいがちなうえに、アルコール自体も結構カロリーがあるので、注意が必要です。

 

食事と運動で夏太りを防ぐ

体温が低く体に冷えがある人が夏太りしないためには、冷たいものを摂り過ぎないことのほかには、夏が旬の食べ物の摂り過ぎに気をつけた方がよいでしょう。

 

夏が旬の野菜や果物には、夏の暑さをやわらげるために体を冷やすものが多いのです。生姜、葱、ゴマなど体を温める作用のある食品を添えるなどの工夫をするとよいでしょう。

 

夏太りしないためには適度な運動も有効です。暑いから、動くとすぐ汗をかくから、といわずに涼しい時間帯を選んで体を動かしましょう。筋肉が働けば、熱が体内で作られ体温も上がります。

 

体の内部が温まれば、脂肪が必要なくなるので、いらない脂肪が燃焼され、夏太りを防ぐ効果を期待できます。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ