夏なのに体が冷えるのは冷房が原因かも

オフィスや外出先での冷房で「体が冷えたかも?」と感じたことはありませんか?実は、夏なのに体が冷えるという症状を訴える女性は少なくないのです。

 

体が冷えたと感じた日は、帰宅後も体を冷やさないように心掛けることが大切。体調が良い状態で夏を過ごせるように、自宅で心掛けたい夏の冷え対策を紹介します。

 

エアコン室外機

 

夏は何かと体調不良を起こしやすい季節です。オフィスは冷房で冷えているのに対し、外に出ると30度を超える暑さ。このような極端な環境にさらされると体温を調節するための自律神経は乱れてしまいます。体温調節機能がバランスを崩すと血液の流れが悪くなり「夏なのに体が冷える」という状態を招きます。

 

あなたの、肩こり・頭痛・倦怠感・足腰の冷えやしびれ・眠りが浅いなどの症状は、夏の冷えが原因かもしれません。

 

自宅で出来る3つの冷房・冷え対策

1.部屋を冷やしすぎない

帰宅時間に合わせて冷房をセットしていませんか?出かける時にタイマーをセットしておけば、帰宅時は心地よいかもしれませんが、外との温度差が大きすぎると体調不良を招きます。クーラーの設定温度は外気温と5℃以内、27〜28℃くらいに保ちましょう。

 

2.アイスや冷たい飲み物で涼むのは程々に

暑いときのアイスクリームや冷たい飲み物は、とてもおいしいですよね。しかし、毎日冷たいものを摂っていると、体が冷えるだけではなく消化機能も低下します。温かいお茶を飲んだり、生姜を調理に加えたり、根菜類を摂ったりと体を中から温める工夫が必要です。

 

手軽に摂れるショウガサプリメントもオススメです

金時しょうが粒

 

3.シャワーで済ませず、湯船につかる

冷えによって乱れた自律神経の改善や肩こりの筋肉への血行回復にはシャワーだけでは足りません。
38℃くらいのお湯にゆっくり浸かり、体の芯から温めると冷え性はずいぶん楽になります。
半身浴でもOK!

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ