オフィスの冷房|冷房による体調不良に要注意!

オフィスの冷房で体調を崩す人は少なくありません。クーラーによって体が冷えて辛いと感じ、病院で診察を受けるケースは男性より女性が多いといわれています。

 

オフィスなどたくさんの人が働いている場所では「暑い」と感じる温度には個人差があるものです。

 

冷房の温度設定は28度くらいが望ましいとされています。しかし、男性が冷房を強くして、女性がそれを弱めようとするというパターンが多いかもしれませんね。

 

夏は熱中症など暑さ対策が欠かせませんが、同時に、オフィスや外出先は冷房で冷えやすい環境であるため寒さ対策も必要になってきます。

 

女性がオフィスの冷房で冷えやすい理由

熱を発生させるために重要な役割を果たす筋肉は、男性に比べ女性は少なめです。また、女性は男性より薄着であったり運動不足やダイエットで熱を生み出しにくくなっていたりと、血行が悪くなりがちです。

 

そのため、外回りの仕事とデスクワークという仕事の違い以外にも、男性に比べて女性は体が冷えやすいといえます。

 

冷えの症状としては手足の冷えを訴える方が最も多いといわれています。

 

しかし、自覚しにくい内臓の冷えにも注意が必要です。内臓が慢性的な低温状態になると、免疫力の低下・基礎代謝の低下・内蔵機能の低下・自律神経機能の低下・血流の低下の症状があらわれます。

 

夏は、体温を放散させやすいように血管が拡張して、体温が奪われやすい状態になっています。この状態でクーラーに冷やされると、体深部の内臓まで冷えてしまうことがあります。

 

一方、冬は、体温を下げないように末梢の血管が収縮しています。

 

このように、夏と冬では体の状態が違うということをふまえて冷え性対策をするとよいでしょう。

 

オフィスの冷房・冷風から首・お腹・足首を守って温める

外出先から戻った男性には、温度設定を下げる前に扇風機の利用をお願いしてみましょう。体感温度が変わるため、扇風機の風で暑さを感じにくくすることができます。

 

自分の席に冷風が直撃という場合は、衣類で冷え性対策をしましょう。首筋・肩・背中など冷風が当たると、その部分の筋肉は血管が収縮して血行不良になり、肩こりの原因にもなります。

 

カーディガンのほかに、ひざ掛け代わりに使える大判で薄手のストールがあると便利です。

 

膝下・ふくらはぎの冷え対策にはハイソックスを履くのもいいですね。パンツスタイルなら足首ウォーマーも目立たないのでオススメです。

 

また、手足が冷える場合、内臓を温めると改善されることがあります。体が寒いと感じると、手足を犠牲にしてでも内蔵を守ろうとして、脳は末梢の血管を収縮させて手足に送るべき血液まで内臓に送ってしまいます。こうなると手足はどんどん冷えていきます。

 

ですから、手足が冷たいときは、それ以上、体に冷気が当たらないようにして、次に内臓を温めるとよいのです。

 

内臓が温まると脳は末端の血液を元に戻すよう指令を出すので、手足の血流がよくなり冷えが改善されます。

 

内臓を温めるポイントは仙骨と丹田

「カイロ」を仙骨や丹田に貼って温めます。

 

仙骨というのは、尾てい骨のちょうど上のあたりです。

 

仙骨は膀胱・直腸・子宮や卵巣など重要な内蔵につながる神経が集まっている部分で、ここを温めることにより神経の緊張がやわらぎ血管が拡張して血行がよくなります。

 

また、お腹が冷たい場合は、丹田を温めましょう。丹田というのは、おへその下くらいの位置です。

 

カイロのほかには、シルク素材の夏用腹巻きを着用するのもよいでしょう。

 

 

※この記事は2013年6月5日に書かれたものです(2017年6月30日更新)

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ