オフィスの冷房対策にグッズを活用|冷房病を防ぐには

オフィスは冷房で冷えやすい環境であるため、クーラーによって体が冷えて辛いと感じ体調を崩して、病院で診察を受けるケースは男性より女性が多いといわれています。

 

一般に冷房の温度設定は28度くらいが望ましいとされています。

 

しかし、「暑い」と感じる温度には個人差がありますし、オフィスなどたくさんの人が働いている場所では、すべての人が快適な温度というわけにはいきません。

 

ここでは、体の冷えによる悪影響や、オフィスで実践できる冷え対策を紹介します。

 

冷房病とは|体の冷えにより起きる不調

体を冷やしすぎることにより、さまざまな不調が出る状態は「冷房病」とも呼ばれます。

 

一般に、手足の冷えを感じる場合が最も多いといわれています。

 

しかし、自覚しにくい内臓の冷えにも注意が必要です。内臓が冷えると働きが鈍くなってしまうので、胃もたれや消化不良、下痢、便秘などにつながりやすいです。

 

さらに、体温調節の役目を持つ自律神経が乱れやすくなり、体がだるくなったり、夏バテの症状が出ることもあります。

 

女性では、子宮卵巣やホルモンバランスにも影響が出るため、生理不順や肌荒れ、むくみが出ることもあります。

 

気を付けたいのは、症状が秋や冬の時期まで長引くこともあるということ。特に自立神経やホルモンバランスの乱れは慢性的になりやすいので、オフィスで体を冷やさないように対策を取る必要があります。

 

手足の冷え改善には内臓を温めるのが効果的

体が寒いと感じると、手足を犠牲にしてでも内蔵を守ろうとして、脳は末梢の血管を収縮させて手足に送るべき血液まで内臓に送ってしまいます。こうなると手足はどんどん冷えていきます。

 

ですから、手足の冷えを感じて辛いときは、

 

1.体に冷気が当たらないようにする
2.内臓を温める

 

この2つを心掛けるとよいでしょう。

 

内臓が温まると脳は末端の血液を元に戻すよう指令を出すので、手足の血流がよくなり冷え改善の効果が期待できます。

 

男性より女性のほうが冷えやすい理由

外回りの仕事とデスクワークという仕事の違い以外にも、男性に比べて女性は体が冷えやすい理由があります。

 

筋肉は熱を発生させるために重要な役割を果たしていますが、男性に比べ女性は筋肉の量が少ないです。

 

また、女性は男性より薄着であったり、運動不足やダイエットで熱を生み出しにくくなっていたりと、血行が悪くなりやすいことも冷えやすい理由といえます。

 

オフィスでできる冷え対策

自分の席に冷風が直撃という場合もあるかもしれませんね。オフィスでは長時間座りっぱなしのことも多いので、冷えている場所では、しっかりと保温対策をすることが大切です。

 

衣類で冷え対策

首筋・肩・背中など冷風が当たると、その部分の筋肉は血管が収縮して血行不良になり、肩こりの原因にもなります。

 

定番のカーディガンやストールのような羽織ものや膝掛けを常備するのがオススメです。

 

特に、ストールは首元を温めることが出来るので、冷風が当たって首が冷えることによる頭痛などの症状が出にくくなります。

 

膝下・ふくらはぎの冷え対策にはハイソックスを履くのもいいですね。パンツスタイルなら足首ウォーマーも目立たないのでオススメです。

 

カイロや腹巻きでお腹にあるツボを温める

内臓を温めるには、仙骨と丹田というツボを温めます。

 

 

仙骨の場所は、尾てい骨のちょうど上のあたりです。
丹田の場所は、おへその下くらいです。

 

このツボにカイロを貼ります。腹巻きはシルク素材の夏用腹巻きを選ぶとよいでしょう。薄手なのでアウターにもひびきません。

 

ちなみに、カイロを使う時は、以下のポイントを守り、低温やけどには十分注意しましょう。

 

・長時間、同じ場所に貼らない
・皮膚へ「直貼り」はしない。腹巻きや衣類の内側にカイロを貼る

 

暑い時期でも温かい飲み物を飲む

外では冷たいものを飲んでもかまいませんが、オフィス内にいるときは、できるだけ温かい飲み物を用意しましょう。

 

自宅で保温性のあるマグなどに入れて用意しておけば、オフィスでも温かいまま飲むことができます。

 

まとめ

大勢の人が働くオフィスでは、自分にちょうどよい温度設定にするのは不可能。
なので、衣類やグッズで外側からの冷え対策を心掛ける。
手軽にできる方法は2つ⇒はおりものを使う。冷えに効くツボをカイロや腹巻きで温める。

 

 

 

※この記事は2013年6月5日に書かれたものです(2017年9月22日更新)

スポンサード リンク