オフィスの冷え性対策|冷房による体調不良に要注意!

オフィスの冷房で体調を崩す人は少なくありません。クーラーによって体が冷えて辛いと感じ、病院で診察を受ける方は男性より女性が多いとか。夏は体を冷やしやすい環境にあるといえます。

 

オフィスや外出先での冷え性対策には、どのようなことをすればよいのでしょうか。

 

オフィスなどたくさんの人が働いている場所では、「暑い」と感じる温度は結構個人差があるものです。冷房の温度設定は28度くらいが望ましいとされています。しかし、男性が冷房を強くして、女性がそれを弱めようとするというのは、よく見られる光景ではないでしょうか。

体の内側から温める!ショウガサプリメント

金時しょうが粒

女性は男性に比べて冷えやすい

熱を発生させるために重要な役割を果たす筋肉は、男性に比べ女性は少なめです。また、女性は男性より薄着であったり運動不足やダイエットで熱を生み出しにくくなっていたりと、血行が悪くなりがちです。そのため、外回りの仕事とデスクワークという仕事の違い以外にも、男性に比べて女性は体が冷えやすいといえます。

 

冷えの症状としては手足の冷えを訴える方が最も多いといわれています。しかし、自覚しにくい内臓の冷えにも注意が必要です。内臓が慢性的な低温状態になると、免疫力の低下・基礎代謝の低下・内蔵機能の低下・自律神経機能の低下・血流の低下の症状があらわれます。

 

夏は、体温を放散させやすいように血管が拡張して、体温が奪われやすい状態になっています。この状態でクーラーに冷やされると、体深部の内臓まで冷えてしまうことがあります。一方、冬は、体温を下げないように末梢の血管が収縮しています。夏と冬では体の状態が違うということをふまえて冷え性対策をしたいものです。

 

温めポイントは首・お腹・足首

外出先から戻った男性には、温度設定を下げる前に扇風機の利用をお願いしてみましょう。体感温度が変わるため、扇風機の風で暑さを感じにくくすることができます。

 

自分の席に冷風が直撃という場合は、衣類で冷え性対策をしましょう。首筋・肩・背中など冷風が当たると、その部分の筋肉は血管が収縮して血行不良になり、肩こりの原因にもなります。

 

冷え性対策にカーディガンやストール、靴下を利用する人は多いですが、「首」「お腹」「足首」の3つの部位を温めるようにしましょう。東洋医学では、冷やしてはいけないツボがその3つと言われています。首にスカーフを巻いたり、ハイソックスなどを履くと、より効果的に体を温めることができます。

 

また、手足が冷えた場合、内臓を温めると改善されることがあります。体が寒いと感じると、手足を犠牲にしてでも内蔵を守ろうとして、脳は末梢の血管を収縮させて手足に送るべき血液まで内臓に送ってしまいます。こうなると手足はどんどん冷えていきます。ですから、手足が冷たいときは、それ以上、体に冷気が当たらないようにして、次に内臓を温めるとよいのです。

 

内臓を温めるには腰下にある仙骨部を温めることが大切です。仙骨は膀胱・直腸・子宮や卵巣など重要な内蔵につながる神経が集まっている部分で、ここを温めることにより神経の緊張がやわらぎ血管が拡張して血行がよくなります。内臓が温まると脳は末端の血液を元に戻すよう指令を出すので、手足の血流がよくなり冷えが改善されます。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ