梅雨時の冷えが体調不良をもたらす理由

梅雨時の冷え対策

梅雨時は、もともと冷え性の人はもちろん、普段あまり冷えを気にしない人も気が付かないうちに自然と体が冷える時期です。

 

「梅雨寒」「梅雨冷え」という言葉があるように、梅雨の季節は急に冷えることがあります。

 

気温が低く湿度が高いと、飲んだ水分が汗となって蒸発しにくくなります。

 

すると、体に水がたまりがちになり、たまった水によって体が冷えやすくなってしまうのです。

 

梅雨時に体が冷えて血液の流れが悪くなると、だるさ、むくみ、眠気、頭痛、肩こりなどの体調不良を起こしやすくなります。

 

このような、体内にある余分な水分により体調を崩すという考え方を、東洋医学では「湿邪(しつじゃ)」「水毒(すいどく)」というそうです。

 

水は下に溜まるので、特に下半身が冷えやすくなります。

 

全身の血流をよくするために、スパッツ、レッグウォーマー、靴下などで下半身をしっかり温めることを心掛けましょう。上半身は薄着でも大丈夫なので、暑いときはトップスで調節するとよいです。

 

高気圧と低気圧が交互に入れ替わるという気圧の変化によって、自律神経のバランスが崩れやすくなり、体の調子がなんとなくすっきりしないという人も少なくありません。

 

湿度が高くムシムシとした梅雨は、特に体調管理に気をつけたい時期といえます。


梅雨時の冷え対策に役立つ衣類とグッズ

梅雨の時期は、冷えている自覚がないままで過ごしていると、ますます冷えを呼ぶことになります。

 

夏にかけては冷房をつける事も多くなりますが、冷たい空気は足元に停滞するので、これもまた冷えを引き起こす原因となってきます。

 

足元の冷え対策には、レッグウォーマーや足首ウォーマーで、ふくらはぎや足首を温めるのも効果があります。

 

参考記事
足首ウォーマーが防寒対策に効果的な2つの理由と使った感想

 

また、梅雨時になると下半身がだるくなって腰痛がひどくなるという場合は冷えが原因かもしれません。

 

下半身、特にふくらはぎの部分の冷えが慢性化すると、この部分が凝ってきます。

 

そうすると次に進行するのが太股外側の筋の張り。これが起こってくると臀部の筋肉痛、鈍痛、そして腰痛へと進みます。

 

マッサージをしたり温めることで凝りの症状が緩和されます。

 

体全体を効率的に温めるには、肩・首・腰まわり・太腿・二の腕の裏側・ひざの裏など、血管が密集していたり大きな筋肉がある部位を温めるのがおすすめです。

 

肌に直接貼ることができる温熱シートを試してみましょう。じんわりと温めることで血のめぐりが良くなり、こりをほぐすことができます。

 

温熱シートは、かさばらないのでバッグの中に常備しておくと、急に冷えてきたときに便利です。

その他には、体温調整が簡単にできる薄手のカーディガンやストールを常に携帯すると重宝します。

 

体を内側から温めるには半身浴もいいですね。半身浴はリラックス効果で自律神経を整え、ストレスや痛みを軽減します。シャワーですませないで湯船に浸かることがポイントです。

 

参考記事
入浴剤の温め効果で冷え性改善

 

衣類や、温かい飲み物・半身浴など、毎日のこまめなケアで梅雨時の冷えによる体調不良を乗り切りましょう!

 

 

※この記事は2013年6月3日に書かれたものです(2017年6月8日更新)

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ