春から始める「温活」生活!重炭酸湯で温浴効果

温活というのは、体を温める活動をして冷えを解消することです。

寒い冬も終わり、やっと暖かい春の到来と思っていても油断はできません。

現代生活は体が冷えやすい環境にあるので、冬はもちろん、春先、秋、夏と一年中「温活」を心掛け冷え性対策を続ける必要があるのです。

体が冷えると、血流が悪くなり体に必要な栄養が全身に届きにくくなります。

そのため、むくみやすくなったり、基礎代謝が低下して太りやすくなるなど様々な影響がでてきます。

また、髪に必要な栄養も頭皮まで届きにくくなるため、抜け毛や薄毛の原因にも!美髪のためにも「温活」することは大切ですね。

春は寒暖差に注意が必要!

日中と夜との気温差が大きかったり、寒い日と暖かい日が2〜3日ごとにやってきたり…。

また、「花冷え」「梅雨寒」などの言葉があるように、本格的な夏の暑さがやって来る前に急に冷え込むことも少なくありません。

春は気温差が大きいので自律神経も乱れやすくなっています。体調管理に気を付けていきましょう。

「温活」に役立つグッズ。お風呂から運動まで

◆朝に、ゆるめの有酸素運動

本格的な運動では三日坊主になりそうな人は「ゆるめの有酸素運動」をしてみてはいかがでしょうか?

忙しい朝でも負担にならないように5分程度の短時間で終わらせることがポイント。

数分間のストレッチ、短めのウォーキング、ヨガなら、続けやすいと思います。

少しずつ回数と時間を増やしていけば基礎代謝を上げることにもつながります。

1日ごとに運動の種類を変えてみるのもよいかもしれませんね。

◆日中は、身に着けるアイテムで体温調節

冬の寒さだけではなく、春の朝晩の冷えや、夏の冷房冷えなど、一年を通して体はいろいろな「冷え」にさらされています。

インナーウェア、腹巻き、靴下、レッグウォーマーなどで、体の冷えやすい部位を「冷え」から守りましょう。

通気性、吸湿性に優れた綿100%のガーゼ素材のインナーなら年中活躍してくれます。

◆夜はお風呂で「温活」

一日の終わりに、お風呂に入ると疲れがとれてホッとしますね。リラックス効果もある入浴は「温活」に一番ピッタリといえるでしょう。

その日の気分や、好みに合わせて、いろいろなバスソルト、入浴剤を試してみると楽しさもアップしますよ。

ちなみに、温活が定番となっている女子の間では、夏に向けて重炭酸湯の「ホットタブ」入浴剤が注目されているとか。

自宅で簡単に天然温泉と同じ温浴効果が実感出来る入浴剤「薬用ホットタブ重炭酸湯」は芸能人やアスリートも多数愛用していることで話題になっている商品です。


寒さでお悩みの方【温活365】

冷えから体を守り「温活」に役立つ便利グッズはたくさんあるので、大いに活用して冷えにくい健康的な体を手に入れましょう。