冷え性・低体温改善で妊娠しやすい体質に!

冷え性・低体温改善で妊娠しやすい体質に!

不妊症の方で、特に原因が見当たらず治療の効果があがらない…。
このような場合は、低体温や冷えが原因かもしれません。女性にとって冷え性はよく見られる症状ですが、子宮や卵巣のある下半身は特に冷えやすいといえます。

 

また、冷えているという自覚がない場合でも、実は、体の内部の温度が低いということもあります。冷え性や低体温の状態が続くと、血液の流れは悪くなります。

 

血液の流れが悪くなると、

 

 ・排卵を促進するホルモンの伝達が伝わらず、排卵が起こりにくくなってしまう
 ・卵胞刺激ホルモンが分泌しづらくなり、月経不順・卵巣機能低下・多嚢胞性卵巣などの
  排卵障害を引き起こす

 

ということが起こります。

 

逆にいうと、血液の循環が順調になると、卵巣に入る血流が増え、卵巣もホルモンの刺激にもきちんと対応できるようになるため、妊娠しやすい体質になることができるといえます。

 

基礎体温を測って自分の体のリズムを知ろう

妊娠しやすい体を作るためにも適度な体温が必要です。そこで、おすすめしたいのが基礎体温を測定して記録すること。

 

体が冷えていないか、血行が悪くないか、体温が低いか、自律神経やホルモンのバランスなど…
基礎体温の表の変化は体や心のあらゆるサインを教えてくれます。

 

妊娠を希望する女性にとっては、基礎体温のグラフをつけることで、女性ホルモンの分泌のサイクルや排卵のサイクルが正確にわかるというメリットがあります。

 

ちなみに、基礎体温とは体の動きが一番安静な状態にあるときの体温です。

 

睡眠中の体温を自分で測ることはできないので、朝、目覚めたら床の中ですぐに測るようにします。なるべく同じ時間帯に測り、毎朝の習慣にしましょう。

 

使用する体温計は、通常の体温計よりも目盛りが細かく、詳細まで計ることのできる婦人体温計を使用します。

 

婦人体温計には水銀式と電子式があり、電子式の中には記録もできるデジタル計もあります。デジタル計は体温表に記録するのが面倒な方におすすめです。

 

基礎体温帳は薬局で購入できますが、パソコンから体温表をダウンロードすることもできます。

 

基礎体温は普通、体温の低い時期(低温相)と高い時期(高温相)に分かれています。これは、2つの女性ホルモン「卵胞ホルモン(エストロジェン)」と「黄体ホルモン(プロジェステロン)」の影響によるものです。

 

この低体温期と高体温期のパターンが月経や排卵などにより繰り返され、健康な女性であれば、基礎体温のグラフは低温相と高温相の二相化になります。

 

しかし、女性ホルモンである卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスが崩れていると、一相性のグラフになったり、低温相と高温相が極端に長かったり短かったりします。

 

グラフが一相性になるようであれば、何か病気が隠れている可能性や「無排卵月経」といって排卵を伴わない出血を起こしている可能性があります。必ず婦人科を受診するようにしましょう。


スポンサード リンク