春先に「しもやけ」が多い理由は温度差

冬の季節病ともいえる「しもやけ」は、春先にも注意が必要というのは意外な気がしませんか?

 

しもやけは、昼と夜の温度差が10℃以上あるとできやすくなりますが、まさに、春先は1日の寒暖の差が大きい時期です。そのうえ、エアコンなどの暖房設備が整っている現代は、室内と室外の温度差が大きくなりがち。

 

しもやけは冬の氷点下のときより、気温が3〜5℃のときにできやすいといわれています。3月は暖かくなってきたとはいえ、まだまだ夜は冷え込むことも多い時期です。今、しもやけに悩まされている人はもちろん、まだ、しもやけが出来ていない人でも春先は注意が必要なのです。

 

しもやけに効く市販薬とは

しもやけには、保湿成分グリセリン、血行を促進するビタミンEなどが含まれた軟膏が効果的です。

 

大塚製薬のオロナインH軟膏
ユースキン製薬のユースキンA

 

しもやけに効く市販薬でよく知られている商品といえば、この2つの塗り薬が挙げられるのではないでしょうか。他にも、エーザイのユベラリッチ、ロートのメンソレータムE、クラシエ薬品のベルクリーンS軟膏などがあります。

 

意外な薬としては、エアーサロンパスがありますが、効能をみると「しもやけ」の記載がありました。エアーサロンパスだけでなく、外用鎮痛・消炎薬の多くには、しもやけを効能に挙げているものが多いようです。

 

このように、しもやけに効く薬といっても色々あり、使う人によって合う合わないがでてきます。どれにしたらよいか迷ったときは、薬局で薬剤師さんに相談してみるとよいでしょう。

 

しかし、しもやけを根本的に治そうとしたら、市販薬を買うより皮膚科で診察を受け、薬を処方してもらった方が合った物を出してもらえると思います。

 

気温の寒暖差が激しい日が続く春先、しもやけの症状が悪化しないよう注意しましょう。

 

管理人のしもやけ対策

厳しい寒さが続いたため、はじめて「しもやけ」になったという人もいるかもしれませんね。

 

管理人は“今年も”足に「しもやけ」が出来てしまいました。しもやけは、春になると自然に治るため、痒みや痛みがひどくないかぎり放置しがちです。

 

それでも、今冬は、汗をかいたら早めに靴下を取り替えて足先が冷えないようにしたり、血行を良くするために寝る前にマッサージしたりなど気をつけていたせいか、割と軽症ですんだのが嬉しかったです。

 

暖かくなれば自然と治るので、もう少しの辛抱。しもやけが治ったときが春になったとき、かもしれません。

 

しもやけ関連記事
しもやけの治し方
足指の「しもやけ」を予防できた理由

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ