体温が低いと風邪を引きやすい理由

体温が低いと風邪を引きやすい

低体温の人は風邪を引きやすいといわれています。低体温とは、身体の内部が冷えている状態で、色々困った現象が現れるのですが、その中の一つに免疫力の低下があります。

 

体温は免疫力(抵抗力)と密接な関係があります。普通、健康な人の標準体温は36.5℃ですが、体温が1℃低くなると免疫力は約10数パーセントから30パーセント低下するというのです。免疫力を発揮する細胞は標準体温かやや高めの体温で活性化します。

 

低体温になると新陳代謝が悪くなって、抵抗力の中心である白血球の働きが弱まります。このため、低体温の人は風邪などの感染症にかかりやすい状態になるのです。

 

風邪を引くと熱が出る理由

風邪を引くと熱が出ることがありますね。それは、熱を出して体温を上げることで、免疫機能や抵抗力をもつ白血球を活性化させようとする身体の自然な反応なのです。

 

このような状態の時に、解熱剤などで無理やり熱を下げたら、風邪が長引いてしまったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?風邪が自然に治るときというのは、発熱時には発汗することで体温を下げています。

 

低体温で不利なこと。我が家では…

娘が通っている中学校では、風邪を引いても熱が37度を超えないと早退できません。風邪を引いて平熱より1度くらい熱が上がっていたりすると、身体がだるかったりしてきついですよね。

 

ところが、低体温の娘は1度熱が上がっていても36.5度。自分では熱があり体調が悪いといっても早退できません。

 

低体温だと不利なことが多いです。


スポンサード リンク