冷え性・低体温が引き起こす頭痛

冷え性・低体温が原因の頭痛は女性に多くみられる症状です。冷え性・低体温と頭痛の関係を知って効果的な改善対策をしていきましょう。

なぜ冷えが頭痛を引き起こすのでしょうか?

頭痛には、大きく分けると偏頭痛と緊張型頭痛があります。ズキンズキンと拍動する偏頭痛は、頭の中の血液のめぐりが悪く血管が収縮した後に広がることにより起こる痛みです。一方、緊張型頭痛は、冷えて筋肉が硬くなることによって起こる痛みです。

冷え性・低体温改善で頭痛を解消

冷え性や低体温は、自律神経が乱れて代謝や血液の流れに障害が生じている状態です。バランスのとれた食事・適度な運動・質のよい睡眠で、血液の流れと代謝をアップさせましょう。血流がよくなれば基礎代謝も活発化しますし、脳にも酸素や栄養が届くようになって頭痛も解消されていきます。

生活習慣を見直して冷えや低体温を改善するには時間がかかります。より早く体質改善をするための補助として血行を良くするサプリメントを利用するのも、ひとつの手です。

冷え性・低体温改善サプリ一覧はコチラ

頭痛がすると薬に頼りたくなるものですが、安易に薬を服用しないほうがよいといわれています。理由は、頭痛薬の中には解熱作用を持っているものが多く、低体温がさらにひどくなる可能性があるため。
痛みが激しいようであれば、市販薬ではなく、病院で診察を受け医師に処方された薬を服用するようにしましょう。

ちなみに、頭痛があるときは、下半身が冷えている場合が多いので下半身をしっかり温めるようにするとよいです。血液のめぐりがよくなって頭痛が緩和されます。
スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ