冷え性を改善すると便秘が解消されるのはどうして?

便秘といっても原因は様々ありますが、冷え性により便秘になるというケースも少なくありません。

 

また、冷え性と便秘、両方の症状に悩む女性も多いといわれています。

 

どうして冷えると便秘になりやすいのでしょうか?

 

体が冷えると、体中の血行が悪くなります。
その結果、内臓にも血液が十分回らなくなります。

 

すると、便を押し出すための大腸の力(ぜん動運動)が弱くなってしまい、便秘を引き起こすのです。

 

専門的にいうと「弛緩性(シカンセイ)便秘」と呼ばれています。

 

便が運ばれないまま大腸に留まった状態が続くと、大腸が水分を吸収、便が硬くなって便秘は悪化します。

 

便秘改善に役立つ5つの冷え解消法

1.ウォーキングやストレッチなど軽い運動を毎日行う
2.週に数回の半身浴を行う
3.食物繊維の多い食材を意識して食べる
4.タバコを吸わない
5.「の」の字マッサージ

 

※「の」の字マッサージとは、仰向けになって親指以外の4本の指をお腹に乗せ軽く押しながら「の」の字を描く方法です。時計回りにゆっくりと30周を目安にして行います。

 

出典:摩耶堂製薬株式会社

 

便秘解消の方法は一つではありません。
自分に合ったやり方で便秘の解消に努めるとともに、冷え性の改善も心掛けましょう。

 

冷え性と便秘を改善するポイント

体の冷えは体質だからとあきらめてはいませんか?

 

しかし、食生活や生活習慣を見直すことで改善することはできます。

 

体の外側と内側の両方から冷え対策をしていきましょう。

 

体の外側からの冷え対策には、一年を通して下半身を冷やさないことがポイントです。

 

夏の素足・薄着(特に下半身)は、特に注意。
足もとが冷えていると足を通って心臓へ戻る血液も冷えて、お腹や内臓も冷えてしまいます。

 

体の内側からの対策としては体を温める食べ物を意識して摂る。
バランスのよい食事をとることがポイントです。

 

体を温める効果のある成分をサプリメントで補うのもよいと思います。

 

冷え性・低体温の改善に役立つサプリメント一覧はコチラ

 

冷え性を改善すれば腸の働きも改善。便秘解消にもつながりますよ。