冷え性を治すと便秘が解消される?

冷え性と便秘はどちらも女性に多く見られる悩みです。病院に行くほどではないけれど体が冷えて辛い、便秘が続くとお腹が張って気分もすぐれない…。便秘といっても原因は色々ありますが、冷え性で便秘という人は多いのです。

 

便秘の原因には、病的なものもありますが、よく耳にするのは、運動不足や繊維不足、ストレスで、便意を我慢しすぎて…ということもあります。運動不足やストレスは冷え性の原因とも重なりますね。

 

便秘が慢性化している場合、大腸の蠕動力が衰えた「弛緩性の便秘」であることが多いのですが、冷えによって体の機能全体が低下していることも影響しています。体が冷えると胃腸などの消化器官は働きが鈍くなって下痢や便秘になりやすくなります。

 

便秘解消には、朝、起きぬけに冷たい水や牛乳を飲んで腸に刺激を与えると効果的、ということをよく聞きます。しかし、これは胃腸が丈夫な人の話。全ての人に当てはまることではないようです。

 

東洋医学からみた冷え性の人の便秘解消法

東洋医学からみると、冷え性には腸が冷えて弱っているタイプ(陰虚タイプ)があるのですが、このタイプの人が便秘を解消するために、朝に冷たい水を飲む方法をすると、さらに体を冷やしてしまうのでよくないということです。便秘解消には違う方法で取り組まないといけません。

 

冷え性の人は、「水分は控えめに。しかも飲む時はあたたかい物を」、更に「野菜は火を通した物を・果物は極力とらない」という事が大切なポイントだということです。

 

便秘解消の方法は一つではありません。食物繊維の豊富な食品をとることと、規則正しい食生活、適度な運動を心がけるなど、色々あります。自分に合ったやり方で便秘の解消に努めるとともに、冷え性の改善も心掛けましょう。

 

冷え性が改善されると、慢性の下痢や便秘が改善されることも多いそうですよ。

 

体の外側からの冷え対策には、一年を通して下半身の冷えに注意する事が大事です。夏の素足・薄着(特に下半身)は、特に注意。足もとが冷えていると、足を通って心臓へ戻る血液も冷えてしまい、腰やお腹を冷やしてしまうので、便秘が重症化することもあります。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ