冷えがあると病気のリスクが高くなる年代

50代は病気のリスクが高くなる年代ですが、冷えの症状があるとリスクは更に高くなってしまいます。現在、特に健康に不安がない場合でも、健康維持と病気予防のために冷え性を改善しておくことは大切です。

 

冷え性を治す方法の基本は、体を温め、血行を良くすること。

 

具体的には、体を冷やす食べ物や冷たい飲み物を控える、薄着をしない、体を動かす、睡眠をきちんととる、バランスのよい食事をとる、ストレスをためないなどがあります。

 

これらは生活習慣病の予防にもつながりますね。

 

冷え性改善にオススメ!適度な運動

適度な運動に冷え性改善の効果がある理由としては次のようなことがあげられます。

 

・筋肉は体の中で熱を産み出す役割をもっています。
 運動により筋肉がつけば、温まりやすい体になります。

 

・運動により自律神経の働きや血行が良くなり、手や足など
 末端まで温かい血液が行き渡りやすくなります。

 

・代謝が良くなり、体内の余分な水分や老廃物が排出
 されやすくなります。

 

ウォーキングは気軽にできる運動なので、最初は1日20分くらいから始めてみましょう。また、長時間、座って仕事をしている人は、下半身の血行が悪くなりがちです。1時間に一度は席を立って、軽いストレッチなどで体を動かすように心がけましょう。

 

冷え性を治すために食事や生活習慣を見直す

冷え性を治すには、運動とともに食事や生活習慣も見直す必要があります。

 

体を温める効果のある生姜は、冷えに負けない体づくりのために積極的に取り入れたい食材のひとつ。

 

紅茶に、すり下ろした生姜を入れハチミツや黒砂糖で甘みをつけた生姜紅茶や、湯呑み茶碗の湯の中に、すり下ろした生姜を入れて飲む生姜湯(しょうがとう)のように、手軽に作れて体が温まる飲み物で生姜を摂るのもおすすめです。

 

市販品にも生姜の入った食品は色々あるので、手作りにこだわらず上手に活用していくと無理なく続けられるでしょう。生姜の味が苦手という方は、生姜サプリメントという手もあります。

スポンサード リンク