低年齢の子供の低体温解消法


保育園 / frontriver

 

保育園や幼稚園に通う低年齢層の子供にも低体温の症状が見られることがあります。

 

低体温の原因のひとつとして、体温を調節する自律神経の働きがうまく機能していないことがあるといわれています。

 

体温が低い子供には、次のような生活習慣の乱れと睡眠リズムのずれが見られるケースが多いそうです。

 

・運動不足
・就寝時間が遅い
・睡眠時間の不足
・朝食を食べない、または食べる量が不充分(排便のなさにつながる)
・冷房を使いすぎる
・テレビを見る時間やゲームをする時間が多い

 

子供の低体温の原因:生活リズムの乱れ

子供の低体温は、生活リズムの乱れが重要な原因と考えられます。

 

1日の生活リズムは睡眠・食事・運動の3つのサイクルで構成されていて、これらのうちの1つでも正常でない形になると生活リズムが乱れてしまいます。

 

生活リズムの乱れは、体調不良につながり、心の問題にまで影響しかねません。

 

「すぐカッとなる、物を投げる、集中力の欠如、気力が感じられない」などといった行動面にあらわれることもあります。

 

低年齢の子供の低体温解消法

低年齢の子供の場合、低体温を解消するには自律神経をきたえ生活リズムを正常に戻すことが大事です。

 

・体温がピークになる午後3時〜5時には出来るだけ体を動かす
・夕食はきちんと食べて、夜9時頃までに寝る
・朝7時前には起きて朝食をとり、排便をする

 

午前中の遊びだけでも生活のリズムは整いますが、年中児以降の場合、お昼には体力が回復するので、体温がピークになる午後3時〜5時には努めて体を動かすことが有効だということです。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ