高麗人参の健康効果|冷え性改善に効果があるって本当?

高麗人参とは|冷え性改善に効果が期待できる理由

高麗人参(和名:オタネニンジン)は、中国東北部やロシア沿海にかけて自生するウコギ科の多年草植物です。

 

古くからその効能は知られ、生薬や漢方薬として利用されてきました。

 

代表的な効果効能には滋養強壮や疲労回復がありますが、最近は、冷え性対策や美容のために利用する女性も増えているといわれています。

 

高麗人参の冷え性改善効果

高麗人参に含まれる成分サポニン(ジンセノイド)には、血管を広げて血流を良くする作用があります。

 

そのため、冷え性の改善効果が期待できるのです。

 

ほかにも、美肌や更年期障害特有のイライラや不眠の改善など女性にうれしい効果が期待できます。


gin-seng infused liquor / watashiwani

高麗人参の摂取方法|おすすめの飲み方は?

生の高麗人参が手に入りにくい日本では、乾燥の高麗人参を煎じたお茶や高麗人参酒にしてして飲むのが一般的です。

 

これらの飲み方でも効果は期待できます。

 

しかし、作るのに時間がかかったり、味が口に合わず飲みにくかったりするのがデメリットといえるかもしれません。

 

高麗人参の効果を実感するには継続することが大切なので、飲みやすい製品を選ぶことが大切です。

 

高麗人参が初めてという人は、サプリメントタイプの製品がオススメといえるでしょう。

 

理由は3つあります。
・飲みやすさ(ソフトカプセルタイプなら味も匂いもなし)
・使い勝手のよさ(携帯に便利なので外出先でも飲める)
・有効成分が効率的に摂れる

高麗人参の副作用

高麗人参は医薬品ではありません。薬草・生薬として利用される植物です。
ですから医薬品のような副作用の心配はありません。

 

ただし、体質や体調によっては発疹、頭痛、発熱、動悸などが表れる可能性があります。

 

例えば、アレルギー体質の人は、症状がひどくなるおそれがあるので注意が必要です。

 

高麗人参を飲むことで気になる症状があらわれた場合は、使用を中止して、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

高麗人参で一番多い健康トラブルが過剰摂取です。各商品ごとの摂取量の目安を守りましょう。

 

過剰摂取にさえ気を付ければ高麗人参は非常に安全な食材です。

 

高麗人参の服用を避けたほうがよい人とは?

高血圧の人は服用するのを避けたほうがよいでしょう。
高麗人参には一時的に血圧を上げる作用があります。

 

糖尿病の人も注意が必要です。
高麗人参には血糖値を下げる効果があるため低血糖になる可能性があります。

 

かかりつけの医師や薬剤師に相談をしてから服用しましょう。

 

 

※この記事は2013年8月19日に書かれたものです(2017年11月24日更新)