足湯が足の冷えに効果的な理由

寒い季節だけでなく夏でも足が冷たい、足がむくむ、そのような悩みを解消したい人に試してほしいのが足湯です。

 

足湯で足先を温めることによって血液の循環が良くなり、冷えやむくみ、疲れをとるのにも効き目があります。リラックス効果もあるのでストレス解消にも、とても良いといえるでしょう。

 

足湯は「入浴よりも体に負担がかからない」「半身浴より手軽にできる」というメリットがあります。

 

足を温めるのなら、こたつやストーブでも良いのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、こたつやストーブは皮膚の表面だけを温めるので、そこから離れると、すぐに冷たくなってしまいます。

 

一方、足湯は体の深部から温める効果があります。

 

足湯は、風邪でお風呂に入れない、忙しくて時間がない、一人暮らしで面倒、要介護でお風呂に入れない、という場合にもオススメです。

 

自宅で簡単にできる足湯の方法

足湯専用バケツ

 

足湯は、自宅で簡単にできます。

 

まず、足湯専用バケツを用意します。専用のものでなくても足首までつかる深さのバケツならOKです。

 

足をつけておく時間は、最低でも10分程度。お湯が冷めてしまったときには、熱いお湯を注ぎ足しましょう。

 

足湯はじんわりと汗ばんできたら、全身が温まったサインです。

 

足湯を終えたら乾いたタオルで水気をしっかりふき取ります。足を裸のままにしておくと、せっかく温まった足が冷えてしまいます。靴下を履いて保温しましょう。

 

お湯の温度を一定に保つのが面倒という場合には、フットバスなどの足湯器を試してみるのもよいです。

 

フットバス専用容器は、お湯の保温効果が高いもの、ふくらはぎまで浸かることができる容器が深いもの、スチームタイプのものなどたくさんの種類が市販されています。

 

それぞれにメリットがあるので、口コミやレビューなどを参考にして選びましょう。

 

足湯を毎日続けるには、本を読んだりテレビをみたりといったリラックスタイムにうまく習慣付けるのがポイント。岩塩や入浴剤などを入れて日替わりで色々な足湯を楽しむのもオススメです。

スポンサード リンク