ヨガの腹式呼吸効果でストレスが原因の冷え性改善

冷え性にヨガが効果的な理由とは

ストレスが原因の冷え性を改善するには、ヨガの腹式呼吸
効果的といわれています。

 

ストレスがあると、交感神経と呼ばれる部分が活発に働き、体が緊張状態になります。そうすると、手や足の毛細血管が収縮して血行が悪くなり、手足の先が冷えてしまうのです。交感神経は、速い呼吸をすると激しく働き、ゆっくり呼吸すると働きが弱まるというように、呼吸でコントロールすることができます。

 

ヨガの腹式呼吸をゆっくりすると、交感神経の働きが弱くなって緊張状態が解け、リラックス状態を作り出します。すると、血管がひろがり血行が良くなるので、冷え性が改善されるというわけです。

 

腹式呼吸は、「むずかしそう」「うまくできない」と思われるかもしれません。しかし、意識して深くゆっくり吐くだけで、自然に腹式呼吸ができるようになるといわれいます。冷え性が改善すると、肌の調子がアップしたり代謝が上がって太りにくくなるなど女性には嬉しい効果が期待できるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

自宅で気軽にできるヨガのポーズで血行改善!

寒い時は、体が縮こまってしまいがち。体が凝り固まっていることが、冷えの原因になっていることもあります。寒くて運動量が減ると血液循環が滞って、ますます体は冷えていきます。凝っているなと感じたら、ヨガで心と体を伸ばしてみましょう。

 

筋トレなど運動は苦手という人でも、ヨガのゆっくりした動きなら無理なく続けられるのではないでしょうか。ヨガには、体調を整えたり、ストレス解消・ダイエットなど様々な効果があります。

 

冷えに効くヨガポーズの中には、椅子に座ったままできるものもあります。これなら、家事の合い間やオフィスでも気軽にできますね。

 

例えば、背骨をねじるヨガは、洋服のまま暖かい格好でできます。寒くて凝り固まってしまった体を気持ちよくほぐし、冷えのつらい症状を緩和してくれます。

 

一口にヨガといっても、実は種類がとっても多いヨガ。

 

ハタヨガ:体を動かすことで心や魂のバランスをコントロールするという考え方のもとに発展。
ラージャヨガ:体を動かすこと以外に、瞑想・心理のコントロールを目的。
カルマヨガ:奉仕の精神を養う献身的なヨガ。

 

他にも、パワーヨガ・マタニティヨガなど多数あります。インドではこれらのヨガを総合的に行いますが、現在私たちがヨガといっているのは主にハタヨガなのだそうです。

 

ヨガスタジオに通えなくても、初心者向けのヨガDVDも数多く販売されています。自宅で気軽にヨガをやってみましょう。

 

ヨガによって、冷えが解消されたと感じたら、ぜひ、毎日の習慣にしたいもの。継続する事によって、冷えにくい体へと改善されていくことでしょう。


スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ