冷え性・低体温の改善[カテゴリー]

冷え性・低体温の改善

冷え性・低体温の改善に効果があるといわれる
食べ物・運動・入浴法などを紹介しています。

冷え性・低体温の改善記事一覧

漢方薬を利用するメリットは、自分の体質に合わせた種類を利用できるということでしょう。体温が低いといっても、冷えとのぼせが混在する場合など症状には個人差があり体質も異なります。ですから、それに見合った漢方薬を飲まないと効果は得られません。漢方薬の中には体を温める処方がたくさんあります。自分の体質にあった正しい使い方をすれば、漢方薬は非常に高い効能を発揮します。スポンサード リンク(adsbygoog...

果物は体を冷やすといわれていますが、全ての果物が体を冷やす訳ではありません。バナナやマンゴーなど南国産の果物は体を冷やしますが、リンゴなど寒い地方の果物は体を温める力が強いといわれています。寒い地方では、自然に体を温める食べ物(食材)を食べるようになり、また、それが育つ。暑い地方では、体を冷やす食べ物(食材)と食べるようになり、また、それがよく収穫される。ということです。●南方産果物は、体を冷やす...

朝食は体温を上げるために最適な方法だといわれています。食事を摂ると体が温まることを実感する人は多いのではないでしょうか。これは、体が食べ物を消化吸収するときに消化器系器官が活動し、熱が発生することで体温が上昇するから。人間の体温は1日中変動していますが、夜になると脳や体は休息モードに入り体温は低下します。ですから、朝起きたときが1日で最も体温が低い時間帯となります。睡眠中に低下した体温を上げるには...

保育園 / frontriver一般的に、体温が36度を下回った状態を「低体温」といいます。保育園や幼稚園に通う低年齢層の子供にも低体温の症状が見られることがあります。体温が低いと子供にはどんな症状が表れるのでしょうか?・朝から眠気とだるさを訴える・ご飯をあまり食べたがらない朝ご飯を食べず、日中の運動が足りないと、体温は適切にコントロールされません。夜の眠りも浅くなります。その結果、無気力でやる気...

体を温めるには、大きな筋肉を温めるのが効率の良い方法です。理由は、大きな筋肉には血管がたくさん集まっているから。筋肉を温めることで血液が温まり、血液循環で温まった血が全身をめぐることで熱を全身に伝えることができます。太ももの筋肉量は全身の3分の1から4分の1を占めるといわれ、熱の発生源である筋肉が最も多い部分です。ですから、下半身を温めるには太ももを温めるのが効率的なのです。太ももを冷やさないよう...

しもやけは、簡単に云えば体が冷たい状態に長時間さらされることによって、手足や顔などの末端の血流が鈍ることが原因で起こります。しもやけが出来やすいのは、気温が4〜5℃で昼と夜の温度差が10℃以上ある時期。この温度差で毛細血管の調節がうまくできなくなり、うっ血の状態(循環障害)になります。うっ血の状態で手や足を濡れたままにしておくと、水分の蒸発とともに皮膚の表面から熱が奪われて冷え、しもやけになりやす...

冷え性を改善するために食生活で気を付けたいことには、どんなものがあるでしょうか。基本的にはできるだけ多くの種類の食べ物をいろいろな形で摂ることが理想です。以下に注意したい点を3つ紹介します。1.体を温める食べ物を中心とした食事を心がける特に、夏は冷たい飲み物や食べ物、果物を多くとりがちですが、それでは内臓が冷えてしまいます。冷たいサラダよりは温野菜、ジュースよりはスープにするなど、暑い時こそ、温か...

50代は病気のリスクが高くなる年代ですが、冷えの症状があるとリスクは更に高くなってしまいます。現在、特に健康に不安がない場合でも、健康維持と病気予防のために冷え性を改善しておくことは大切です。冷え性を治す方法の基本は、体を温め、血行を良くすること。具体的には、体を冷やす食べ物や冷たい飲み物を控える、薄着をしない、体を動かす、睡眠をきちんととる、バランスのよい食事をとる、ストレスをためないなどがあり...

薬酒とは、生薬をアルコールに浸けて薬効を抽出させたものです。水やお湯では抽出されない生薬の成分を効果的に引き出す酒には、血行をよくし、ストレスを和らげ、末端まで薬効を行き渡らせる働きがあります。薬酒はアルコールと生薬成分の相乗効果も期待できます。適量のアルコールには、血行促進、緊張緩和、疲労回復、安眠といったさまざまな効能があります。そこに生薬のエキスが溶け込んでいるのですから、薬酒を飲むと体内に...

冷え性の人の中には、布団を何枚も重ねて寝ていても寒気を感じてなかなか眠れないという人が少なくありません。また、お風呂に入って温かくしているのに、布団に入るころには足が冷え、夜中に何度かトイレに起きてしまうという人もいます。ひどくなると、1〜2時間おきにトイレに起きてしまい、睡眠不足というケースも。温かくしていても震えが止まらなくなるほど寒さを感じる人は、疲れやストレスなどの影響で自律神経のバランス...

マッサージは血液の流れをよくして体を温かくする働きがあるので冷え性改善に効果があります。冷え性改善を目的にマッサージに通っているという人も少なくありません。タイ古式マッサージ、リンパマッサージ、足ツボマッサージ、耳ツボマッサージ、オイルマッサージなど冷え性に効くマッサージといってもいろいろあります。タイ古式マッサージでは、足の冷え性の場合は、ふくらはぎの辺りとアキレス腱近くの縮んでいる毛細血管の箇...

◆下半身は冷えやすいもともと、人間の体は上半身に熱がたまりやすく下半身は冷えやすい状態にあります。というのは、生命維持のために重要な臓器のほとんどは上半身に集まっていて、これらの臓器が発散する熱を受けるため上半身は冷たくなりにくいのです。一方、内臓が少ない下半身は体温が低く冷えやすい部分となっています。◆ふくらはぎは筋肉が少ないので冷えやすいふくらはぎは筋肉が少ないわりに表面積が広いので、寒さの影...

ストレスが原因の冷え性を改善するには、ヨガの腹式呼吸が効果的といわれています。ストレスがあると、交感神経と呼ばれる部分が活発に働き、体が緊張状態になります。そうすると、手や足の毛細血管が収縮して血行が悪くなり、手足の先が冷えてしまうのです。交感神経は、速い呼吸をすると激しく働き、ゆっくり呼吸すると働きが弱まるというように、呼吸でコントロールすることができます。ヨガの腹式呼吸をゆっくりすると、交感神...

アロマテラピーとは、植物の香りやさまざまな働きの力をかりて、心や体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。ハンカチに香りをつけて枕の下において寝たり バスオイルにしたりなど、いろいろな方法があります。(ちなみに、アロマテラピーとアロマセラピーは、同じ意味です。アロマテラピーは仏語読みを、アロマセラピーは英語読みを日本語表記したものです)アロマセラピーで冷え性改...

寒い季節だけでなく夏でも足が冷たい、足がむくむ、そのような悩みを解消したい人に試してほしいのが足湯です。足湯で足先を温めることによって血液の循環が良くなり、冷えやむくみ、疲れをとるのにも効き目があります。リラックス効果もあるのでストレス解消にも、とても良いといえるでしょう。足湯は「入浴よりも体に負担がかからない」「半身浴より手軽にできる」というメリットがあります。足を温めるのなら、こたつやストーブ...

入浴は体から冷えを取り除く最も手軽な方法です。体を温め、心身ともに疲れを取るには、40度前後のぬるめのお湯で、じっくりと湯船につかるようにしましょう。肩までつかる入浴だと、心臓や肺に負担がかかる、或いは、のぼせてしまうという心配がある方は、半身浴を試してみてはいかがでしょうか。話題の重炭酸湯はコチラ薬用Hot Tab【温活365】半身浴とは、38〜40℃くらいのお湯に20〜30分下半身だけつかると...

酢は、美容や健康によいというイメージがありますね。疲労回復やダイエット、血液サラサラ効果など、酢を毎日の生活に取り入れることで、たくさんの効果が期待できます。冷え性改善にも効果が期待できるといわれ、もろみ酢や黒酢などを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?しかし、酢は体を冷やすので冷え性の人はあまり飲まないほうがいいとも言われています。ネットで調べてみた結果、酢は体を冷やすというサイトもあれば、...

プエラリアというと、バストアップ効果というイメージが強いのではないでしょうか。ところが、プエラリアは冷えの改善にも効果が期待できるといわれています。プエラリアとは、どんなものなのかというと、タイ王国北部山岳地帯に自生するマメ科クズ属の植物で、学名をPueraria Mirifica(プエラリア ミリフィカ)と言います。成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分ですが、女性ホルモンに似た作用を持つ植物...

発酵食品や酵素は、美容や健康・ダイエットに関心がある人に人気の商品です。万田発酵株式会社から発売されている万田酵素は有名な健康補助食品なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。東ちづるさんなど多くの芸能人も愛用、美容雑誌にも掲載されている商品です。その万田酵素に生姜を配合したのが「万田酵素プラス温」。植物の発酵・熟成パワーと生姜のぽかぽかパワーが、気になる寒さや生活習慣をサポートします。気にな...