西洋医学では病気と診断されない「冷え性」

冷え性はとらえどこのない病気ともいえます。そもそも冷え性の定義は、はっきり決まってはいません。冷え性の症状は、体の末端の冷え(末端冷え性)に伴い、頭痛・めまい・手足のしびれ・胃のもたれ・疲労感・動悸・不眠など様々な不調をもたらします。女性の場合、血液のめぐりが悪くなっているので、むくみ・月経痛・月経不順・不妊といったトラブルを抱えているケースも多く見受けられます。

 


Tokyo Today 4 / Danny Choo

 

冷え性の人は、手足や腰、下半身などが冷えるという症状のため、本人が「自分は冷え性だ」と自覚しているケースがほとんど。体温を測ってみても特別に低い訳ではなく血液や内臓にも異常はない。なのに、辛い冷えの症状がある…。

 

西洋医学では、手足が冷たく、腹痛や下痢、生理通、低血圧などの症状があっても、「冷え症」という病気だとは診断されないのです。冷え性の症状で悩んでいる人は、病院で診察を受けても、不定愁訴、自律神経失調症、あるいは体質などといわれ、冷えの症状を緩和する治療や投薬がされる場合が多いです。

 

冷えに気付きにくい「隠れ冷え性」

最近は、体に冷えがあることに気がついていない人が増えています。

 

隠れ冷え性とは、体の不調を訴えながらも、それが冷え性からきていることを自覚できない場合をいいます。隠れ冷え性は、手足が冷える冷え性とは違い体の中の内臓が冷える症状なので分かりにくいのです。

 

朝、目が覚めたときに、お腹が冷たかったら要注意。血液の冷えによって内臓が冷たくなっている証拠です。内臓は体の中で、熱の生産量が最も多い部分なので、健康な状態ならば手のひらよりもお腹のほうが冷たいということは、まずありえません。しかし、血液が冷えて内臓の働きが悪くなると、熱を生産しにくくなり、お腹が冷えてしまいます。

 

女性の場合、下腹部には子宮など多くの臓器があり、うっ血して「冷え」をためこみやすいといえます。おへそから下が冷たい場合は、動脈血がきちんと流れていない可能性があり、生理痛や不妊症の原因にもなります。

 

夏は冷房のかかり過ぎで、体温を調節する機能が衰え、自律神経の働きが悪くなる場合があります。自律神経の異常が内臓の冷えを引き起こすことになってしまうのです。

 

東洋医学では冷え性は未病

冷え性に悩んでいても、「病気ではないから」とそのまま放置してはいませんか?

 

病院では、健康か病気かに分けられがちですが、病気と診断されなくても体調が悪いことはあります。
東洋医学で、未病(みびょう)とは病気としては症状を現していないが、発病する可能性がある状態のこと。例えば、だるさ・めまいがあるのに、検査を受けても異常がない場合です。
冷え性は未病に位置づけられています。病気となって現れる前に、冷えの症状を改善することが大切です。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ