赤ちゃんの体温が低い原因とは?

赤ちゃんの低体温を防ぐ

一般に、0〜1歳までの赤ちゃんの平熱は、36.5〜37.5℃の範囲と言われています。

 

ところが何らかの理由で体温が36℃以下になると、低体温の可能性が高くなります。

 

赤ちゃんの体温が低くなってしまう原因を紹介します。

 

赤ちゃんは体温を上手く調節できない

新生児・乳児期の赤ちゃんは体温の調節機能が未発達です。

 

大人のように自力で体温を一定に保つことができません。
気温と一緒に上下してしまうのです。

 

寒さにさらされると低体温になります。
反対に、室温が高すぎたり衣類や寝具で覆われ過ぎていると、熱がこもって体温が異常に上昇してしまいます。

 

外気温の変化による低体温に気をつけて、赤ちゃんの体温をうまく調整してあげることが必要です。

 

赤ちゃんの低体温対処法|室温チェック

真夏の猛暑や真冬の厳寒期の気温は、赤ちゃんにとって適応しにくい温度です。

 

室温には充分気遣ってあげましょう。

 

冬の室内はエアコンなどの暖房で暖められていますが、赤ちゃんはそんな室内でも冷気にさらされている場合があります。

 

暖房で温められた空気は上へと送られるので、床の近くは気温が低いこともあるのです。

 

また、窓際の近くは冷気が伝わりやすいもの。
床暖房を併用したり、赤ちゃんを寝かせる場所を部屋の中央部にするなどの工夫が必要です。

 

赤ちゃんが寝ている高さに温度計を置いて、チェックしてみるのもよいでしょう。

 

夏はエアコンを上手に使って涼しく過ごさせましょう。冷気が直接赤ちゃんに当たらないようにします。

 

冷房の利かせすぎは赤ちゃんの体温調節の発達を妨げたり、低体温になってしまう恐れがあるので気をつけないといけません。

 

赤ちゃんの低体温対処法|衣類や寝具で調節

赤ちゃんの体温コントロールには衣類や寝具も影響します。

 

冬は「寒いから」と、たくさん着せてしまいがちですが、体を動かすようになったら薄着にするなど、月齢に合わせた着せ方の工夫が必要です。

 

一般的には、手足が冷たくてもお腹や背中に手を入れて温もりがあるようなら、赤ちゃんは快適な状態にあると判断してよいでしょう。

 

むき出しになっている手足は外気温の影響を受けやすいのですが、手足がセンサーとなって体温調節をしています。

 

手足が冷たくても、体は意外に温かいことも多いはずです。

 

逆にお腹や背中がひんやりしているときは、室温を高めるか、衣類や寝具で調節する必要があります。

 

また、快適なはずと思っていたのにお腹や背中にたくさん汗をかいているようなら、室温をやや下げるか衣類を薄手のものにかえたり、寝具を減らします。

 

赤ちゃんの低体温まとめ

大人に比べ、赤ちゃんが低体温になるスピードは早いです。
日々のちょっとしたことが低体温を引き起こしてしまうこともあります。

 

体温を測って低体温かもしれないと思ったら、まず、お医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

低体温の原因となることを、ひとつひとつ見直して適切な対処法をとることで赤ちゃんの低体温を防いでいきましょう。


スポンサード リンク