冷え性・低体温の症状[カテゴリー]

冷え性・低体温の症状

冷え性・低体温の症状について説明しています



冷え性・低体温の症状記事一覧

低体温は体の内部の全体的な「冷え」のため自覚しにくいのが特徴です。一般に、体温が1℃下がると、免疫力低下・基礎代謝低下・体内酵素活性の低下があるといわれます。風邪などの感染症にかかりやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなります。自分は冷えていないと思っている人でも、身体の中は冷えている場合が少なくありません。  肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、生理不順、アレルギー症状  むくみ、便秘が...

冷え性はとらえどこのない病気ともいえます。そもそも冷え性の定義は、はっきり決まってはいません。冷え性の症状は、体の末端の冷え(末端冷え性)に伴い、頭痛・めまい・手足のしびれ・胃のもたれ・疲労感・動悸・不眠など様々な不調をもたらします。女性の場合、血液のめぐりが悪くなっているので、むくみ・月経痛・月経不順・不妊といったトラブルを抱えているケースも多く見受けられます。Tokyo Today 4 / D...

新生児・乳児期の赤ちゃんは体温の調節機能が未発達なので、大人のように自力で体温を一定に保つことができません。赤ちゃんの体温は気温と一緒に上下してしまうのです。寒さにさらされると低体温に、反対に、室温が高すぎたり衣類や寝具で覆われ過ぎていると、熱がこもって体温が異常に上昇してしまいます。外気温の変化による低体温に気をつけて、赤ちゃんの体温をうまく調整してあげることが必要です。室温をチェックして赤ちゃ...

冷えのぼせは、顔がほてっているのに、足腰は冷えているという状態です。ひどい人では、気温はそれほど高くないのに、汗が出て仕方がないということもあります。汗をたくさんかくのは、体にとって良いことのように思えますが、原因が冷えのぼせとなると話は別です。体の1ヶ所に熱がたまるということはトラブルがある状態だからです。中高年の女性に冷えのぼせが起こる原因は、卵巣機能の低下。それに伴って、ホルモンや自律神経の...

偶発性低体温症は、意図しない体温の低下による症状のこと。中枢体温(体の深部の体温)が、36℃以下の場合が当てはまります。具体的な症状は以下の通りです。◆軽度低体温(34〜36℃)  32〜33℃以下になると意識が  もうろうとし睡眠状態◆中等度低体温(30〜34℃)  30℃を下まわると加速度的に体温が低下◆高度低体温(〜30℃)  25℃近くで反応はなく仮死状態20℃を切ると脳波も消失し心臓が停...