冷え性・低体温の症状[カテゴリー]

冷え性・低体温の症状

冷え性・低体温の症状について説明しています



冷え性・低体温の症状記事一覧

低体温と冷え性は同じものと思われがちですが、この二つは似ているようで違います。低体温とは、文字通り、体全体の平均体温が低いということ。日本人の平熱は36〜37℃です。一般的には、体温を測って36℃未満だったら「低体温」と考えてよいでしょう。内臓が活発に働き、細胞の新陳代謝も活発に行われる温度は37.2℃です。わきの下で測った体温が36.5℃前後なら、体内温度は37.2℃程度あるということになり、生...

自分は冷え性でないと思っている人でも、実は体が冷えている場合があります。なんとなく体調がすぐれないのは、冷え性が原因かもしれませんよ。この記事では、自覚症状がない隠れ冷え性を簡単にチェックする方法を紹介します。

一般に、0〜1歳までの赤ちゃんの平熱は、36.5〜37.5℃の範囲と言われています。ところが何らかの理由で体温が36℃以下になると、低体温の可能性が高くなります。赤ちゃんの体温が低くなってしまう原因を紹介します。赤ちゃんは体温を上手く調節できない新生児・乳児期の赤ちゃんは体温の調節機能が未発達です。大人のように自力で体温を一定に保つことができません。気温と一緒に上下してしまうのです。寒さにさらされ...

冷えのぼせとは、下半身や手足の先が冷えているのに、顔や頭はのぼせたように熱くなるという状態です。ひどい人では、気温はそれほど高くないのに、汗が出て仕方がないということもあります。汗をたくさんかくのは、体にとって良いことのように思えますが、原因が冷えのぼせとなると話は別です。体の1ヶ所に熱がたまるということはトラブルがある状態だからです。更年期の女性に冷えのぼせが起こる原因は、卵巣機能の低下といわれ...

人間の体の中心部の温度は37℃程度あり、外気温に関係なく体温を一定に保つことができる働きを備えています。ところが、何らかの原因で熱の発生よりも熱の放散が多い状況になると、体温が下がり始めます。体で作られる熱 < 体から奪われる熱になると体温が下がり始めます。状況が改善されないと、どんどん体温は下がり続け、低体温症を引き起こすのです。偶発性低体温症とは、深部体温(体の中心部の温度)が、35℃以下の場...