高齢者が低体温になる原因とは

高齢者の低体温の主な原因は、老化や持病の服薬、自律神経障害などで寒さに対する感覚が鈍くなったり、体温を保つ機能が低下することにあります。

 

高齢者が寒い部屋で何時間もじっと座っていると、低体温症になることがあります。

 

灯油代が高いので暖房費を節約している家庭も多いと思いますが、病気の高齢者がいる場合は要注意です。

 

低体温の症状は医学的には気温が18.3℃以下になると始まるといわれ、高齢者は家の中にいても室温が18.3℃以下になると低体温になることがあります。

 

偶発性低体温症とは

高齢者が家の中で低体温になることを偶発性低体温症といいます。

 

高齢者が低体温になっても、なかなか自分では気付きません。

 

体温が35℃以下になると、本人の自覚がないまま、ゆっくりと体温が落ち続けるからです。

 

家族が同居していれば異常に気付くことができます。

 

しかし、1人暮らしをしている高齢者の場合は、気付かずに悪化させてしまうこともあります。

 

高齢者に次のような状態が見られたら、命にかかわるので、身体を毛布で包んで大至急助けを呼ぶ必要があります。

 

  手足が冷たい
  顔がピンク色ではれぼったい
  皮膚が青白い
  震える(重症の時は震えのないこともある)
  歩きがぎこちない
  話し方が妙にスロー
  眠そうである

 

糖尿病があると危険度アップ

さらに、高齢者に糖尿病があると低体温症の危険が高くなります。

 

体温が下がると、インスリン分泌が下がるだけでなく、心臓発作・腎機能障害・肝臓障害など死の危険が起こります。

 

高齢者の低体温を予防するには、高齢者の部屋は19℃以上に保つ、厚手のソックスにスリッパを履く、重ね着をしてひざ掛けを使うなどの対策をとりましょう。

 

低体温など健康状態が気になる高齢者には「酵素」などの健康食品を毎日の生活に取り入れることもオススメです。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ