タミフルとは|副作用として低体温も報告

タミフル(有効成分:リン酸オセルタミビル)は、A型又はB型インフルエンザの治療薬です。
カプセルタイプと小児用のドライシロップタイプがあります。

 

インフルエンザウイルスの増殖を抑え、発症から48時間以内に服用すれば高熱が下がり、回復が早まる効果があるといわれています。

 

タミフルには異常行動が大きく取り上げられていますが、その他にも低体温になるという副作用が報告されているそうです。

 


タミフルは、一般的には安全な医薬品ですが、頻度は低いものの様々な副作用を生じることがあります。

 

〜中略〜

 

次のような症状に気づいたら、早めに医師に相談してください。

 

腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、血を吐く、おなかがはる、口内炎、口の中の不快感、
くちびるがはれたり赤くなる、食欲不振、胸やけ、体温が平熱よりも下がる、頭痛、
眠気または眠れない、強い刺激を与えないと目覚めない、めまい、視野が狭くなる、
視野の中に見えない部分がある、ものが二重に見える、ふるえ、しびれ、じんましん、
かゆみ、あざができやすくなる、尿に血が混じる、息苦しい、脈が速くなる、
脈が乱れる、胸がどきどきする、胸が痛い、背中が痛い、疲労、耳の痛み

 

出典:タミフル使用上の注意|厚生労働省

 


おもな副作用は、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸症状です。重い副作用はまずありませんが、肝障害や皮膚障害、出血性大腸炎などが報告されています。下記のような初期症状に、念のため注意してください。

 

きわめて特異なケースで 因果関係ははっきりしていませんが、この薬を飲んだ後に幻覚や異常行動による事故事例が発生しています。とくに子供や未成年の若い人は要注意。できたら、服用後の様子を、ご家族など周囲の方に注意をはらってもらうとよいでしょう。

 

出典:オセルタミビル:タミフル|おくすり110番:薬事典版

 

もし、自分や家族の誰かがインフルエンザでタミフルを処方された場合には、低体温という副作用があることも忘れないようにしたいものだと思います。

 

※タミフルについては、厚生労働省のサイトなどで、最新のニュースをチェックするようにしてください。