冷え性・低体温の原因[カテゴリー]

冷え性・低体温の原因

冷え性・低体温の原因に関する記事の一覧です。

 

女性はもちろん、男性も子供も高齢者も、年齢・性別を問わず、冷え性や低体温の症状に悩まされている人は増えています。頭痛、だるさ、足のむくみ…、体の不調は冷えからくるものかもしれません。

 

冷え性・低体温対策をするために、まずは、原因を知りましょう。


冷え性・低体温の原因記事一覧

冷え性と低体温は、偏った食生活や生活習慣の乱れなど様々な要因が絡み合って引き起こされます。体質を改善して体温を上げるために、まずは、今までの生活を見直すことから始めてみましょう。冷え性・低体温の原因となる食べ物と食べ方冷え性・低体温になる食生活については次のようなものがあります。●朝食抜き、食べ過ぎなどの乱れた食生活●冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ  ※冷たい食べ物や甘い食べ物は体を冷やします...

小学生は平常運転 / fukapon子供の低体温の原因について説明します。低体温は女性に多くみられる症状ですが、現在は低体温の子供も増えています。以前に比べると平均体温が1度ほど下がっているそうです。朝食抜きの子供に低体温が多い子供の低体温が目立って増えてきた原因のひとつに、「朝食抜き」があるといわれています。朝食は脳の活動を活発化させるだけでなく、睡眠中に下がった体温を高めるという大切な役目も持...

思春期は、体も心も大きく変化し、体について関心が高まり精神的に不安定になりやすい時期です。冷え性や低体温の原因として考えられることには、次の3つがあります。Sensoji: Nakamise / Dick Thomas Johnson1.無理なダイエット思春期に過度なダイエットをして栄養のバランスがくずれた食生活を続けたり、極端に体重が減ったりすると体が冷えたり体温が低くなることがあります。また、...

高齢者の低体温の主な原因は、老化や持病の服薬、自律神経障害などで寒さに対する感覚が鈍くなったり、体温を保つ機能が低下することにあります。高齢者が寒い部屋で何時間もじっと座っていると、低体温症になることがあります。灯油代が高いので暖房費を節約している家庭も多いと思いますが、病気の高齢者がいる場合は要注意です。低体温の症状は医学的には気温が18.3℃以下になると始まるといわれ、高齢者は家の中にいても室...

冷え性の男性が増えているといわれています。冷え性といえば圧倒的に女性に多い症状と考えられていました。ところが、男性も6割以上の人が冷えを感じたことがあるのだとか。一般的に男性が冷えを自覚するようになるのは50歳を過ぎたころからですが、若い男性の間にも冷えは広がっています。冷えは老若男女を問わず起きる症状といえるでしょう。ちなみに、20代男性では4人に1人は冷え性の悩みがあり、特に足の冷えに悩んでい...

Day 027 / [cipher]タミフルというと異常行動が大きく取り上げられていますが、その他にも低体温になるという副作用があるそうです。タミフルはA型とB型のインフルエンザ治療薬です。インフルエンザウイルスの増殖を抑え、発症から48時間以内に服用すれば高熱が下がり、回復が早まる効果があるといわれています。新型インフルエンザにも効果があると期待され、国や都道府県が備蓄を進めているそうです。タミ...

冷え性は男性にも症状が出ますが、女性に多い傾向があります。冬に冷えるのはもちろん、真夏でも体が冷えるなど、季節に関係なく冷えに悩む女性は少なくありません。冷え性に悩む女性を年齢的にみると10代から60代までと幅広いのですが、特に思春期や更年期に多く見られます。手足が冷たい、下半身が冷えるなど、人によってその症状もさまざまです。冷えがあまりに酷いあまり、のぼせてきたり、手足が火照るということもありま...