水を飲んでも喉が渇くのは夏バテ?

水を飲んでも喉が渇くのは夏バテ?

夏に水を飲むと、お腹にたまるばかりで、喉の渇きがおさまらない経験はありませんか?

管理人は、喉が渇いて水をがぶ飲み、お腹の中でポチャポチャと水が溜まっているくらい水を飲んだのに喉が渇く…という事がありました。

これは、胃腸が水分を吸収できないため、水の循環がとどこおり、水分が喉元も含めた全身にうまく巡っていないことが原因なのだそうです。

日本の夏といえば蒸し暑いのが特徴です。湿度が高いと空気中の水分量が増えるため、呼気や汗で水分が蒸発しにくい状態になります。

そのため、摂取した水分を体の外に出せず、お腹に余分な水分が溜まってしまいます。

たまった水は、内臓を冷やし胃腸の働きが悪化。食欲不振や胃の重み、だるさ、息切れ、いつまでも疲れが取れないなど、さまざまな不調を引き起こします。

これが夏バテの正体で、高齢者の場合は加齢で内臓の機能が低下し冷えやすくなることも、夏バテの原因のひとつとなります。

夏バテというと、栄養のある食べ物をしっかり食べることを考えますが、胃腸が弱っていて消化吸収できなくては意味がありません。まずは、胃腸を元気に保つことを心掛けたいものです。

冷たい飲み物→水のめぐりが悪い→体が冷えて胃腸の機能低下→食欲不振→夏バテ
温かい飲み物→水のめぐりがスムーズ→胃腸が元気→栄養がしっかり吸収される 

夏バテを防ぐ水分のとり方

夏バテを防ぐためには、いつもより多く水分補給が必要ですが、誤った水分のとり方をすると内臓が冷え、体内に水がたまり逆効果です。

飲み物は、水や麦茶のほか、ハトムギ・スギナなどの素材が入った薬膳茶もよいでしょう。生姜ドリンクや梅ジュースもオススメです。

生姜は冬というイメージがありますが、冷え防止はもちろん、水分を体内にためず胃腸を元気にする働きもあります。梅は汗で失われがちなミネラルが豊富、クエン酸も豊富で疲れや胃腸の元気にうれしい食べ物です。

飲む時の温度にも気を付けましょう。冷蔵庫で冷やした状態だと胃腸がダイレクトに冷えてしまうので、常温のものを少しずつこまめに飲むことがポイント。

胃腸の機能を悪化させないため、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。

夏に旬を迎えるウリ科の食べ物は夏バテ予防になるといわれています。ゴーヤ・キュウリ・スイカ・冬瓜など積極的に食べて暑い夏を元気に乗り切りたいものです。
スポンサード リンク

夏の水分補給

ちなみに、夏の脱水症状を防ぐためには、こまめに水分補給をとか、1日2リットルの水分補給が必要とかいわれています。

でも、水ばかり、麦茶ばかりと同じものを飲むのは飽きてしまうという人もいるかもしれませんね。

バランスのよい食事と同じように、水分補給も一種類のものだけを飲み続けるのではなく、さまざまなものを取り入れるのもよいかもしれません。

そば茶、とうもろこし茶、ゴーヤ茶、ごぼう茶など麦茶以外にも「お茶」はたくさんありますが、ルイボスティーは試してみたいもののひとつですね。


≪送料無料≫限定生産茶葉ルイボスティーお試しセット


ルイボスティーは冷え性改善にも効果的な飲み物です。一般的に、暖かい地方で取れるものは体を冷やすといわれますが、ルイボスティーは発酵しているので体を冷やすことはありません
ノンカフェインでカロリーゼロ。妊婦さん・授乳中の方でも安心して飲めるのも魅力です。

今日は何を飲もうかと楽しみながら選ぶと、飽きずに水分補給ができそうです。

※この記事は2013年7月29日に書かれたものです(2017年7月10日更新)
スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ