朝の水分補給|目覚めの1杯が大切な理由

私たちの体は、寝ている間にも汗をかいています。

 

水分不足になると血液が粘っこくなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす一因にも。ですから、朝に水を飲むことはとても大切なのです。

 

また、目覚めてすぐに水を飲むことは、胃や腸を目覚めさせ便秘解消につながり、食欲増進の効果もあるといわれています。

 

目覚めの1杯は冷たい水よりも白湯がよい理由

目覚めの1杯に冷たい水を飲むという方も多いのではないでしょうか。しかし、冷たい水はおすすめできません。

 

朝から体の機能をしっかり動かすには、体温を上げる必要があります。起き抜けに冷たい水を飲むと、内臓が急に冷えて体の機能を低下させるおそれがあるといいます。

 

代わりに白湯を飲んでみませんか。

 

白湯とは、一度沸騰させたお湯を冷ましたもののことです。

 

前の晩に沸かしたお湯をポットやコップに入れておき、温かくして飲んでも、常温で飲んでもいいです。白湯なら穏やかな刺激で血液の循環を促し、胃腸や内臓の働きを活性化します。

 

朝起きてすぐ飲む白湯の効果

朝起きてすぐ飲む白湯は、水分補給だけでなく、血液をサラサラにする効果があるといわれています。

 

冷え性・低体温の人にとっては嬉しい「体温を上げて免疫力を高める」という効果も期待できるとか。

 

管理人は、便秘対策に、朝起きてすぐ冷たい水を飲んでいたことがあります。しかし、冷たい水を飲むと体が冷えきってしまうので数日で止めてしまいました。

 

白湯を飲むようにしたら、お腹が温まって気持ちがよいですし、体も目覚めて家事もテキパキとこなせるようになった気がします。

 

今では、目覚めの1杯は白湯というのが朝の習慣のひとつになりました。

 

厚生労働省のサイトにある「健康のため水を飲もう推進運動」には以下のような文章がありました。

中高年で多発する脳梗塞・心筋梗塞なども水分摂取量の不足が大きなリスク要因のひとつとなっています。これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。

 

寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。

 

ちなみに、水分を補給する場合には、一度にたくさん飲むよりも、こまめに飲むほうが理想的だと言われています。

 

目安としては1回あたりコップ1杯(150〜250ml)を6〜8回に分けて飲むとよいそうです。

 

関連記事
低体温改善のポイントは朝食にあり

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ