夏こそ冷え対策!冷え性の慢性化を防ぐ

気温がぐんぐん高くなる暑い夏は、冷え性も自然に改善されると思っている人は多いかもしれません。

 

しかし、冷房や冷たい飲食物などで、気づかないうちに体が冷えている場合もあります。夏だからと言って冷え性が改善されることは意外と少なく、むしろ夏の間に冷え性が悪化してしまう人も少なくないのです。

 

夏の過ごし方によって、秋冬の冷えや体の不調は既に決まってしまうともいわれています。

 

夏の間に冷房などで体が冷える環境の中にいると、血流の悪いまま寒い冬を迎えることになるかもしれません。

 

寒くなってくれば冷え性対策をするのは当然のことですが、涼しくなる秋までには、夏の冷え性は解消しておきたいですね。

 

体温調節機能の悪化は体調不良を引き起こす

暑いときに汗をかかず涼しげにしている人をみると羨ましくなってしまいますが、もしかしたら、そういう人は体温調節機能の働きが悪くなっているのかもしれません。

 

人の体は、寒いときには血管を収縮させて熱が逃げないようにする、暑いときには血管を拡張させて熱を逃がす、というように体温を一定に保つ働き(体温調節機能)をもっています。

 

ところが、夏の冷えがきっかけとなって冷え性が慢性化すると体温調節機能が狂ってしまい、冬はますます冷えてしまう…という、悪循環に陥りかねません。

 

放っておくと肩こりや頭痛、だるさ、関節痛、足腰の冷え、むくみ、生理不順など様々な体調不良を引き起こしてしまいます。

 

冷え性の体質改善には時間がかかりますが、慢性化すると更に長い時間がかかります。

 

冷えの症状があらわれる前に、冷えを予防することが何よりも大切といえるでしょう。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ