冷え性か分かる方法|冷えの自覚が症状改善の第一歩

風邪を引きやすかったり、頭痛や肩こりに悩まされていたり、病院で診察を受けるほどではないものの体調不調を感じている人は多いものです。

 

これらの原因は冷えによるものだったというケースは決して少なくありません。

 

自分の冷えを自覚することが、症状改善の第一歩。冷えの原因を見極めて生活と体質の改善をしましょう。

スポンサード リンク

自分の体は冷えている?冷え性チェック

下記にあてはまるものが多いほど冷え性の可能性が高いといえます。

 

 平熱は大体35℃台だ
 寒がりで冷房が苦手である
 手足の先が冷たくなりやすく、しもやけができやすい
 肩こりや頭痛、生理痛、腰痛がある
 肌はくすみがちで、肌荒れやニキビができやすい
 手や顔がほてる
 むくみやすい
 便秘あるいは下痢気味である
 冷えると尿が近くなったり、残尿感が起きやすい
 風邪をひきやすい
 疲れやすい。疲れがとれず、いつもだるい
 果物をよく食べる
 生もの、生野菜をよく食べる
 冷たい飲み物をよく飲む
 ダイエットをしている
 お風呂は、シャワーのみ。又は、熱いお湯に短時間だけ

 運動は、ほとんどしない

 

簡単冷え性度チェック

東京女子医科大学付属青山自然医療研究所クリニック所長で、血めぐり研究会代表でもある川嶋朗さんは、

 

著書「心もからだも「冷え」が万病のもと」のなかで、自分が“冷え”を感じているかどうかチェックするために、以下の方法を紹介しています。

 

朝起きてすぐ脇の下に手を差し込み、その手を次に腹に置いてみましょう。
脇の下よりおなかのほうが冷たく感じたら、あなたの体は冷えているという証拠。

 

自分は、冷えとは関係がない、あるいは自分は暑がりだと思っていても、実は冷えの症状に悩まされていた…ということがあるかもしれません。

 

関連記事
「心もからだも「冷え」が万病のもと」の感想

自分の冷えに気づいたら早目の対策を!

体の状態は加齢や体調によっても変化します。

 

現在、冷えの症状がない人も環境や体調、年齢に応じた冷え対策を意識していきましょう。

 

なんとなく体調不良を感じている人は、体をあたためる工夫をして冷えが進まないよう食生活や生活習慣の見直しをしましょう。

スポンサード リンク