体験談・実践記[カテゴリー]

体験談・実践記

冷え性改善サプリメントやレッグウォーマーなど
管理人が体験した感想を紹介しています。

体験談・実践記記事一覧

低体温の女子高生は意外と多いといわれています。高校時代は女性としてきちんと排卵するようになりはじめる子宮にとっても大事な時期。お腹を冷やすことがないよう気をつけたいものです。低体温にならないために心掛けたいことには次のようなことがあります。1.服装女子高生で、スカートがすごく短い子を見かけることがありますが、まさか、パンツ一丁ということはないでしょうね。そんな格好で自転車に乗って「寒い、寒い」とい...

>> 命の母の最安値を楽天市場で探す>> 命の母をアマゾンで探す「命の母」は、多くの人が一度は耳にしたことがある薬ではないでしょうか。それもそのはず、「命の母」は1903年(明治36年)に生み出され、100年以上もの間、使われ続けてきた長い伝統を持つ薬です。今は、命の母には「命の母A」と「命の母ホワイト」の2種類があります。販売元の小林製薬のサイトによると、2つの薬の違いは以下の通りです。「命の母...

女子大学生を対象にした冷え性の実態調査で、約8割の人が自分は冷え性であると自覚しているという報告があるそうです。正直言ってそんなにも多いのかと驚かずにはいられません。冷え性や低体温だと、疲れやすかったり様々な病気への免疫力が落ちたりします。早めに改善したいものです。さて、低体温と冷え性が悩みの娘も今春から大学生となりました。平熱は35.5℃前後と相変わらずですが、大学生になって変わったのは低体温を...

自律神経は体温の調節や脈拍数の調節など体の調子を整える働きをする神経で、交感神経と副交感神経で成り立っています。交感神経と副交感神経は、例えるなら車でいうところのアクセルとブレーキのような関係。アクセルとブレーキの両方があることで車が安定して走れるように、交感神経と副交感神経のバランスが体調を保ってくれているのです。ですから、自律神経のバランスが乱れると普段は意識せずに取れている体のバランスが崩れ...

高校生のときから低体温だった娘、大学3年生の春になってから体温が上がってきました。ずっと35.5℃だったのですが、ここ数週間の体温は、36.3〜36.6℃!このまま、低体温から抜け出して、理想の体温になってくれるとと嬉しいですね。今まで、体を温める食材を意識して摂る、5本指の靴下、腹巻き、足湯、湯たんぽなど、体温を上げるために様々なことを試してきました。どれかひとつだけに効果があったのではなく、こ...

冷えとりには常に下半身を温めることが大事、ということでロングタイプのレッグウォーマーでふくらはぎを温めていたら、足先にしもやけができない!という状態が続いています。ふくらはぎを温めることで、足先の冷え対策に効果があることを実感。という訳で、検索してみると…。ふくらはぎ健康法ふくらはぎマッサージふくらはぎダイエットなど、ふくらはぎは結構話題になっているのですね。ふくらはぎが温まった状態というのは、と...

冬になると足の指先にしもやけが出来るのは、毎年のことなのですが…。なぜか、今年は、しもやけが出来ません。その理由は、どうやら「ふくらはぎを温める」ことにあったようです。最初から、意識してふくらはぎを温めようと思っていたわけではありません。きっかけは「冷えとり」でした。靴下の重ね履きで知られている冷えとり健康法ですが、常に下半身を温めることが大切なのだそうです。ということで、今まで愛用していた足首ウ...

冷え性改善には筋肉を鍛えることも効果的。体を温める熱をもっとも多くつくりだしているのは筋肉です。特に、下半身には全身の70〜80%の筋肉があるので、足腰の筋肉を鍛えることは冷え性を改善する方法としてオススメといえるでしょう。心臓と足の筋肉(ふくらはぎ)は、血液を送り出すポンプの役割をしています。心臓が血液を送り出し、足の筋肉が収縮して血液を上半身に送り返すという動きをしています。そのため足の筋肉は...

ひえる女性におすすめ!くろす美人丸【黒酢サプリ】

めぐりが悪いことで引き起こされてしまう症状は、冷え、むくみ、便秘、頭痛、肩こり、肌のくすみ、肥満など、たくさんあります。「体質だから…」とあきらめてはいませんか。しかし、そのまま放っておくと、さまざまな病気を招くことにもなりかねません。めぐりを良くする方法には、食事や運動、マッサージ、入浴などがあります。しかし、すぐに効果があらわれるものではありません。毎日続けていくことで徐々にめぐりが良くなり、...

冷え性、ダイエットに人気!生姜サプリメント【金時しょうが粒】