足首ウォーマーが冷え対策に効果が期待できる2つの理由

その1:冷えやすい足首を温める

足首は体の他の部分に比べて皮膚が薄く、血管が冷たい空気にさらされやすい部分です。ですから、足首ウォーマーで温めることで、血管も冷えにくくなり温かさを実感しやすくなります。

 

その2:足首のツボを温める

足の冷えを改善するにはツボ押しも効果的な方法のひとつです。また、足首のツボは「押す」だけでなく「温める」ことでも効果があるといわれています。足首ウォーマーならサッとつけるだけなので手軽にツボを温めることができて便利です。

 

防寒対策グッズの足首ウォーマーを実際に使った効果と感想

山忠通販の足首ウォーマーを、足が冷えるという子供のために購入したときに、1足オマケでついてきたので私も使ってみました。

 

肌触りはとてもなめらかで着け心地が良いです。適度なフィット感で締め付けられる感じはありません。

 

正直に言えば、足首を温めるだけで効果あるのかなぁと半信半疑でした。ところが、本当に足先の冷えが和らいだのにはビックリ。

 

こんなに効果があるなら、もっと早く使えばよかったと後悔したくらいです。口コミをチェックすることも必要ですが、大切なのは実際に試してみることだと実感しました。

 

足首ウォーマーは足首にある4つのツボを集中的に温めるので、効率よく全身が温まるのだそうです。ちなみに、首や手首も同様のことがいえます。首・手首・足首、この3つの首をしっかり外気から守ると、重ね着するよりも効率よく冷え対策ができるということです。

 

楽天市場に「温むすび」という山忠さんの通販ショップがあります。ポイントを貯めている人は楽天から購入するとお得ですよ。

足首ウォーマーの選び方!チェックポイントは素材!

効果的に暖かさを実感するために、そして快適に着用するために、購入するときは素材をチェックしましょう。

 

足首ウォーマーは100円ショップなどで安く購入できますが素材は化繊です。タイツなどの上から着用するときは化繊でも問題ないと思います。

 

しかし、肌に直接身に着ける場合は、多少値段が高くても、肌側にシルクなど天然素材が使われているものを選びましょう。

 

冬など乾燥する季節に化繊を直に肌につけていると肌の乾燥が進み、人によっては痒みが出ることがあります。

 

その点、吸湿性・放湿性がある天然シルク素材を使用している商品は肌にやさしいので敏感肌の人でも安心して使えます。

 

足首ウォーマーは冷房冷え対策などオールシーズン使える

花冷え、梅雨冷え、秋の長雨のころの冷えなど、冬以外にも冷える時期は多いです。

 

意外かもしれませんが、夏にもあると便利です。

 

例えば、オフィスや映画館などの冷房冷え対策に。かさばらないのでバッグに入れておくとよいかもしれません。

 

また、熱帯夜でクーラーをつけっぱなしで寝ているとき。足首が冷えてつらいと感じたら足首ウォーマーを着けてみましょう。天然素材が使われている足首ウォーマーなら、肌にチクチクすることもなく、ふんわり温かです。

 

足首ウォーマーは、真夏の暑い時期も含めて、春、秋、冬とオールシーズン着用することができる便利グッズといえるでしょう。

 

冷え性に効く足のツボを刺激して足の冷えを改善

冷え性改善に効くツボはいろいろありますが、ここでは足にあるツボを紹介します。人それぞれツボの位置は微妙に違うので、ここで紹介したツボの周りを押してみて自分のツボを探してみてください。

 

押すと心地よさと痛みが同時にくる場所がジャストポイントです。

 

足ツボのイラストはコチラのページにあります
下半身型冷え症が夏バテ体質である理由と予防・改善法「たけしの家庭の医学」

 

●三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから親指を除く指3〜4本の高さのところです。冷え性のほかに、生理不順にも効果があります。親指をツボに当て、ほかの指はスネをつかんで安定させ、深いところまでギューッと押し込んでいき、5秒ほど押して緩めます。

 

●湧泉(ゆうせん)
足の裏の土踏まずからやや指寄りで、指を曲げた時にできるくぼみの中にあるツボです。足の冷え性やむくみなど全身の血液の循環不良に効果があります。親指をツボに当て、痛くなるまで押しつづけます。 あるいは、ゴルフボールを床に置いて、足で踏んで転がすようにすると簡単にツボを刺激できます。

 

●気端(きたん)
足指の先端で両足全部で10個です。足先の冷えの解消に効果のあるツボです。手指先でつまんで揉みます。

 

●行間(こうかん)
足の第1趾と第2趾の間で、指の付け根部分です。肝経の冷えに関係している部分です。

 

※この記事は2013年6月22日に書かれたものです(2017年8月25日更新)

スポンサード リンク