寝る時用靴下で足冷え対策!靴下を履いて寝ると良くない2つの理由

良い睡眠のために足冷え対策しましょう

足先が冷えるとなかなか寝付くことができません。
足冷えを防ぐために靴下を履いて寝るという人は多いのではないでしょうか?

ところで、靴下を履いて寝ると、かえって冷えてしまうと言われたことはありませんか?

靴下を履いて寝るのは良くないといわれる理由には次の2つがあります。

理由1

寝るまでは冷えている足も寝ている間に血行が良くなり汗をかきます。
靴下を履いていると汗がこもって靴下が湿り、足を温めるどころか
逆に足を冷やしてしまいます。

理由2

靴下のゴムの締め付けが足首を圧迫して、血行が悪くなり足が冷えてしまいます。


ふくらはぎ専用レッグウォーマー

寝るときの足冷え対策はレッグウォーマーか専用靴下で!

寝る時は、足先があいていて汗が蒸発するレッグウォーマーのほうが靴下よりもよいといわれています。「レッグウォーマーだと指先が寒くて眠れない」という場合は、「寝る時専用靴下」を履きましょう。

通気性が良い羽毛靴下や5本指の靴下、ゴムがゆるく締め付けのないソックスなど、多くのメーカーから寝るとき専用の靴下が販売されています。

睡眠時に履く靴下は、専用の靴下を選ぶことがポイントです。

>> 寝る時用の靴下を楽天市場で探す

冷えとり健康法では寝るときも靴下を履く

冷え取り靴下

ちなみに、5本指靴下や靴下の重ね履きで知られる冷えとり健康法では、靴下は寝るときもそのまま履きます。

重ね履きするときは、シルクと綿が交互になるように履いていきます。

手持ちの靴下を重ねて履くときついので、履き口がゆったりしてゴム跡がつかない重ね履き専用の靴下を選ぶことが大切です。

夏はどうするの?と思ってしまいますが、冷えとり健康法では足元は一年中温めます。

ですから、夏も靴下の重ね履きをします。

熱くて寝苦しそうですが、頭寒足熱を心掛け、上半身は薄着にして涼しい状態にすれば大丈夫です。
スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ