貼るカイロで温める!寒さ対策に効果的な場所

使い捨てカイロは貼る場所を工夫することで、効果的に体を温めることができます。

 

ホッカイロやホカロンなど、カイロ=使い捨てカイロというイメージがあるくらい普及している使い捨てカイロですが、貼る場所を工夫すると、もっと温かさを実感できるようになります。

 

カイロを、肩、背中の中心、腰、尾てい骨の上部に貼り、サーモグラフィーを使って測った実験で、60分後もっとも温まったのは「尾てい骨の上部」だったという結果があるそうです。

 

尾てい骨の上部は、冷えに効くツボとして有名な仙骨があるところ。

 

仙骨は自律神経の通り道で温めることで自律神経が活性化、血管が開き血流がよくなるので下半身がぽかぽかしてきます。

 

また、背中の肩甲骨下中央に貼ると全身の冷え改善に、内くるぶしから指3本上に貼ると足の冷え改善に効果があるといわれています。

 

カイロで効果的に体を温めるポイントは、ツボを温めることにあるようです。

 

下半身の血流をよくするツボが紹介されています【図解つき】
下半身型冷え症が夏バテ体質である理由と予防・改善法「たけしの家庭の医学」

 

低温やけどに注意して使いましょう

貼るカイロは、長時間使うと低温やけどの危険があるので、肌に直接貼らず必ず肌着の上から付けてください。

 

使っていて「気持ちよい」から「熱い」と感じるようになったら温めるのを中止しましょう。

 

 

関連記事
たけしのみんなの家庭の医学「冷え症のタイプ別解消法」について
太ももを温める効果的な方法は?下半身を温めて太腿の冷えを改善!

 

※この記事は2017年12月12日に書かれたものです

スポンサード リンク