ベルメゾンのホットコットとヒートテックを比較!

ホットコット

あったかインナーを購入したいけれど、ホットコットとヒートテック、どちらがいいの?と迷っている方は多いのではないでしょうか?

 

暖か系インナーの口コミを探していると、ホットコットとヒートテックを比較しているブログもよくみかけますね。

 

CMでもよくみかけるヒートテックのほうが知名度は高いと思いますが、着心地や肌触り、暖かさにどの程度の違いがあるのでしょう。

 

ベルメゾンのホットコットの特徴を紹介します。

 

⇒ヒートテックの特徴についてはコチラ

 

ベルメゾンのホットコットとは(機能・特徴)

「Hotcott(ホットコット)」とは、通販会社ベルメゾンが販売する綿混発熱インナーで、2011年に発売されてから5年間で累計547万枚を販売してきた人気商品です。

 

雑誌で他の防寒インナーと比較したところランキング1位になるなど満足度も高く評価されています。ところで、そのホットコット、2016年秋に全面リニューアルしています。

 

今まで使用していたアクリルとレーヨンを使わず、綿混紡率が45%から95%へ引き上げられました。

 

さらに新たに開発した綿そのものが発熱機能を持つという発熱綿を30%使用するなど「さらにあたたかく、女性が気持ちいいと感じる着心地」になっています。その結果、従来品よりも0.8℃の暖かさを実現したそうです。

 

ヒートテックよりホットコットが向いている人とは

ヒートテックを着たときの、ひんやりした感じやチクチクする感じ、汗をかいた時のムレなどが気になる人は綿混素材のインナーを試してみるとよいでしょう。

 

ベルメゾンのホットコットは、綿に発熱素材を加えた機能性インナーなので、ヒートテックのような不快感を感じにくく、動いていなくてもそれなりの保温性があります。

 

座りっぱなしなどデスクワークで動く人にはホットコットなどの綿混素材のインナーのほうが暖かさを感じることができると思います。

 

ベルメゾンのホットコットは肌が弱い男性にもオススメ

ヒートテックに代表される吸湿発熱インナーの多くは化学繊維で作られています。そんな中でホットコットは綿の割合が非常に高いため、肌触りや着心地が良いのです。

 

特に、乾燥肌や敏感肌で化学繊維を着ることが出来ない方には最適といえそうです。

 

肌触りといえば、敏感肌の人ではタグも肌への刺激になることがあります。

 

ホットコットは洗濯マークや素材表示はすべて商品の背中の内側にプリントされタグはついていません(ヒートテックは脇に縫いつけられています)。

 

カミソリ負けしてしまうなど肌が弱い男性は、化繊の吸湿発熱インナーを着用すると痒みが出たり肌荒れの症状が出ることはないでしょうか。

 

そんな敏感肌の男性にもホットコットはオススメです。

 

長袖、半袖、クルーネック、Vネックというランナップで日常着でもスーツの下にでも着ることができます。長袖インナーは短めの丈設定なので袖から見える心配がないのも嬉しいところだといえるでしょう。

 

ホットコットはカラーバリエーションが豊富!オシャレも楽しめる

オフホワイト・ブラック・ネイビー・チョコレートブラウン・グレイッシュブルーなどカラーバリエーションが豊富なのも特徴です。インナーでもお洒落が楽しめるのは嬉しいですね!

 

着心地もよく、温かく、それでいてオシャレなホットコットは、メンズ・レディス・キッズ向けの商品が揃っています。値段も手頃なので家族全員、用途に応じてたくさん揃えられるところも魅力です。

 

ベルメゾンは通販会社になるのでホットコットの購入はネットからになります。

 

冷え性の人は、インナーで寒さ対策をすると同時に、サプリメントも活用して体の内側から対策も取っていくのがオススメです。

冷え性・低体温の改善に役立つサプリメントはコチラ

 

※この記事は2016年10月12日に書かれたものです


スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ