体を温める砂糖とは

砂糖

白砂糖は体を冷やす性質があるので避けると良いという話をきいたことがありませんか?

 

東洋医学では、砂糖は陰性の食べ物、つまり体を冷やす食べ物に入っています。しかし、全ての砂糖が体を冷やすわけではありません。体を温める砂糖もあります。

 

砂糖の種類

代表的な砂糖としては、「白砂糖」「三温糖」「黒砂糖」「きび砂糖」「てんさい糖」があります。この5種類の砂糖の原料や特徴は以下のとおりです。

 

◆白砂糖・三温糖・黒砂糖・きび砂糖[原料:さとうきび]

 

消化吸収が早い分、消耗も早い
血糖値の上下が激しい
さとうきびは熱帯の植物

 

◆てんさい糖[原料:砂糖大根(てんさい)]

 

消化・吸収に時間がかかる
血糖値の上下が緩慢
オリゴ糖を含むのでお腹に優しい
寒冷地でとれる

 

南方産の野菜や果物は体を冷やしますが、北方産で採れるものには体を温める作用があるといわれています。

 

一般に体を温める作用があると言われている黒砂糖も、さとうきびが原料のものであり、南方産のものですから体を冷やす作用を持っているといえます。

 

一方、砂糖大根(てんさい)は、日本では北海道を中心に栽培されているので、体を温める砂糖と言えます。

 

ちなみに、白砂糖は精製されたものなので必要とする微量栄養素をほとんど持っていません。そのためマクロビオティック(自然食療法)では白砂糖を一切使わないとか。

 

気になる方は、東洋医学やマクロビオティック関連のサイトや書籍を参考にするとよいでしょう。

 

人工甘味料を使ったカロリーゼロ食品と体温の関係

スーパーやコンビニなどに行くと、低カロリーやカロリーゼロ、シュガーレス(砂糖不使用)商品がたくさん販売されていますね。

 

これらの食品には、砂糖の代わりに「アスパルテーム」「スクラロース」「アセスルファムK」などの人工甘味料が使われています。

 

糖分を摂り過ぎることがないので、健康に良い!ダイエットしたい女性にもピッタリ!というイメージが大きいのではないでしょうか?

 

しかし、摂りすぎには注意が必要です。

 

人工甘味料が人体に及ぼす影響について現在分かっていることには次のようなものがあります。

 

◆メリット
血糖値の上昇や摂取カロリーを抑制する効果が期待できる
肥満・糖尿病の予防や治療に有用と思われる

 

◆デメリット
強い甘味に慣れると甘味に対する感覚が鈍くなり、より甘い糖質を多く摂取する可能性がある
腸内細菌の変化を介し糖代謝に悪影響を及ぼしている可能性もある

 

いいことづくめではない、デメリットもあることを知り、上手に人工甘味料を活用していきたいですね。

 

参考サイト
農畜産業振興機構
人工甘味料と糖代謝

 

砂糖や人工甘味料の代わりになる甘味料

代わりになる甘味料として「ラカント」を試してみるのもよいかもしれません。

 

羅漢果(ラカンカ)というウリ科の果実から抽出した甘味成分とエリスリトールというトウモロコシなどを発酵することで得られる甘味成分からできた天然甘味料です。

 

参考サイト
慢性疾患本当の原因
砂糖と人工甘味料の話

 

体を冷やす人工甘味料。根拠は?

今まで紹介していた下記の内容ですが正しくない可能性があります。このような意見もあるという程度に考えてください。(根拠を見つけられませんでした)

 

カロリーゼロの食べ物や飲み物は、冷え性改善したい人にとって要注意かもしれません。

 

問題なのは人工甘味料などの添加物は、体内で消化酵素をムダ使いして、代謝を下げる原因にもなるということ。人工甘味料は、消化吸収されないけれど、消化酵素は使われてしまいます(ムダ使い)。

 

消化酵素がたくさん使われると、その分、代謝酵素が減ってしまい、代謝が低下します。その結果、おのずと体温も低下してしまうということです。

 

人工甘味料を長期間とりつづけた場合、どのような影響があるかについては、まだまだ研究中。安全性に問題がある、副作用があるともいわれ、不透明な部分が多いです。

 

たとえ、冷え性に良いか悪いか断言できないにしても…。安全性に不安という意味から、ゼロカロリー飲料の飲み過ぎは避けたほうがよさそうです。

 

時々、ゼロカロリー飲料を飲むくらいであれば、問題はないと思います。しかし、習慣的に摂っているという場合は、見直してみてはいかがでしょうか。

 

管理人は、今回いろいろ調べた結果、てんさい糖かラカントに切り替えたいと思っています。

 

 

冷え性改善には身体を温める食べ物を摂るのがオススメですが、毎日続けるのは、むずかしいもの。簡単に摂ることができるサプリメントでサポートしていくのもよいかもしれません。

 

冷え性・低体温改善サプリ一覧はコチラ

 

 

※この記事は2013年6月13日に書かれたものです(2016年6月19日更新)