冷え性改善の効果が期待できるお茶

紅茶は身体を温める性質を持ったお茶

毎日飲むお茶も、茶葉の種類や飲み方を変えることで冷え性改善の効果を期待することができます。

食べ物には身体を温める性質のものと冷やす性質のものがありますが、お茶は身体を冷やす冷性(涼性)です。

ただし、全てのお茶が冷性なのではありません。発酵させていないお茶は身体を冷まし、発酵させたお茶は身体を温めると言われています。

同じお茶なのに冷性だったり温性だったりと、性質が変わるのはなぜでしょうか。

理由は、お茶の作り方にあるといわれています。

身体を冷やす性質を持ったお茶は、茶葉を摘んですぐにそのままお茶にしてしまう不発酵や微発酵のものです。緑茶、白茶、黄茶などが身体を冷やす性質を持ったお茶になります。

身体を温めてくれるお茶は半発酵や全発酵のものです。烏龍茶や紅茶が身体を温める性質を持ったお茶になります。

冷えが気になる人は飲み方で工夫を

気になるのは、冷え性なのだけれど緑茶が好きで飲んでいるという場合。

冷性の緑茶も温めると温性を帯びてきますし、温性の紅茶でも冷やすと冷性を帯びてきます。ですから、緑茶も温かいのであれば、冷えによくないからと控えめにしなくてもよいということです。

暑い季節には冷たいペットボトルの飲料が欲しくなりますが、冷たい飲み物は身体を冷やします。

お茶に限らず、冷え性の人は温かめの飲み物を飲んだ方がよいでしょう。それほど熱い必要はありません。冷たくなければよいのです。

冷え性に効果的なお茶は、紅茶のほかにウコン茶・よもぎ茶・クコ茶などがあります。

冷え性改善に、毎日飲むお茶の飲み方を変えるだけなら手軽に実行できそうですね。

ちなみに、食品で身体の中から冷え性を改善していくのが理想的ですが、毎日続けるのは、むずかしいもの。簡単に摂ることができるサプリメントでサポートしていくのもよいかもしれません。
冷え性・低体温改善サプリ一覧はコチラ