温め効果のある人参

人参ジュースで冷え性改善

冷え性や低体温の原因には、食べ物も大きくかかわっています。毎日の食事は体を温める働きをするものを中心にとりたいものです。

人参は、カロテンが豊富な緑黄色野菜です。人参は英語でキャロットといいますが、その語源はカロテン。語源となるほど人参のカロテン量はずば抜けて多く、中くらいの半本で、1日の必要量がとれるといいます。

その他にも、人参はミネラルやビタミン、繊維質などの栄養素を豊富に持っています。

東洋医学では、内臓を温め血を補う働きがあるといわれ、たくさん食べるとよいとされています。人参は鉄分も多く貧血予防や造血作用が期待でき、血行をよくする働きがあるので、冷え性体質や低体温の人にピッタリの野菜といえます。

人参の効能は、まだまだあります。抗酸化作用やがん予防、目の粘膜を強くするので、疲れ目や夜盲症、結膜炎の予防に効果があるそうです。

ジュースで手軽に人参の栄養を摂る

とはいえ、人参を料理してもっと食べたいと思っても、なかなか続かないものです。
手軽に人参の栄養を摂るにはジュースにして飲むのもオススメ。

人参とリンゴのジュースの作り方はコチラ→体を温める果物と体を冷やす果物の見分け方

また、人参ジュースを毎日作るのは後片付けが大変という場合は、市販のジュースでも。

ちなみに、東ちづるさんが人参ジュースを二年間飲んでいたら徐々にシミがなくなっていった、とか。美肌効果もあるようです。人参ジュースで「便秘が解消された」「ダイエットにも効果がある」などという話もききます。

冷え性対策に人参ジュースを飲み続けたら、いろいろと嬉しいオマケがついてきそうですね。

食品で身体の中から冷え性を改善していくのが理想的ですが、毎日続けるのは、むずかしいもの。簡単に摂ることができるサプリメントでサポートしていくのもよいかもしれません。

冷え性・低体温改善サプリ一覧はコチラ