マカが更年期の冷え性改善に効果がある理由

マカは滋養強壮のイメージが強いですが、冷え性にも効果が期待できることはご存知でしょうか?

 

冷え性の原因に血行不良がありますが、これには自律神経とホルモンバランスの乱れも関与しています。自律神経やホルモンのバランスが崩れると体温調節が上手くいかなくなるのです。

 

更年期には卵巣の機能が低下して、ホルモンのバランスが崩れやすく、冷え性に悩んでいる中高年女性が多いという事実も、うなづけます。

 

イシハラクリニック院長の石原結實先生によると更年期は体温が一気に下がる時期で、更年期前後に体温が0.5〜1度下がることも珍しくないといいます。

 

血行不良から病気を招きやすいので、本格的に寒くなる前から体を温めるように心掛けたいものですね。

 

ホルモンバランスが崩れる更年期こそマカで冷え性改善

マカは、南米アンデス地方で栽培される植物(根菜)です。ペルーでは昔から慢性疲労や滋養強壮用に効く天然産物として親しまれてきました。

 

冷え性を改善してくれる成分であるミネラル、ビタミン、アミノ酸などの栄養素がバランスよく含まれているのが特徴で、その栄養のすばらしさから完全食ともいわれています。

血行を良くするビタミンEが豊富に含まれている
女性ホルモンの分泌を促進し、自律神経の働きも改善する効果がある
ホルモンバランスを整えて自律神経の働きを助ける役割をするアルギニンが多く含まれている

これらによって、血行不良からくる手足の冷えやホルモンバランスの崩れによる冷え性を改善できるといわれています。

 

冷え性改善の効果が期待できるマカサプリメントは?

マカサプリメントは多くのメーカーから販売されているので、どれを選べばよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

冷え性改善のためにマカサプリメントを選ぶ場合は

  • マカが豊富に含まれていること
  • 冷え性改善の妨げとなる余計な成分が含まれていないこと

この2つがポイントといえるでしょう。

 

また、高い効果を期待するためには、マカの品質が良く安全なものであることも大切です。

 

ヤマノのマカ

ヤマノのマカは有機マカ100%で余計な成分は含まれていません。JAS有機認定取得で安全性が高く安心です。

 

更年期からくる冷え性改善のほかに、美容や健康維持のためにマカを飲んでいる人も多いそうです。
管理人がお試しでマカを飲んだときは、体温が上がるという効果と体調が良くなったのを実感できました。
初めての方限定でお得に購入できるお試しセットがあります。

 

管理人の体験談はコチラ⇒ヤマノのマカ サプリメントの感想

 

マカサプリメントの副作用について

マカはペルーの高原野菜なので副作用はありません。

 

ただし、どんなものでも過剰摂取には危険性が伴うもので、それはマカにおいても同じです。
たくさん飲めば良いというわけではないので、1日の摂取目安量を守って服用することが大切です。

 

※高血圧の方はマカ製品の摂取で血行が良くなります。心配な方は服用の前に医師などに相談することをおすすめします。

 

マカサプリメントのアレルギーについて

アレルギーの原因は人それぞれで、何が元でアレルゲンになるのかは個人差があります。

 

マカはアブラナ科に属する植物です。アブラナ科に属するカブ、ブロッコリー、キャベツなどの野菜でアレルギーが出る人はマカを摂らないほうがよいでしょう。

 

万が一、アレルギーが出てしまった場合は、すぐにマカの摂取を中止し、医師に相談することをおすすめします。

 

マカサプリメントを飲むのを避けたほうがいい人

おなかの中に赤ちゃんがいる人や、子どもに母乳をあげている人は、母体だけでなく子供にまで影響が及ぶ可能性があります。マカの摂取は避けるようにと定めている商品が多いです。

 

持病がある人も注意が必要です。治療のために薬を使用している人は相互作用を起こすリスクがないとはいいきれません。服用前に医師にマカを摂取しても問題ないか確認を取ることが大切です。

当サイトがヤマノのマカをおすすめする理由

最近は、女性に向けたマカのサプリメントが多くのメーカーから販売されるようになりました。どれを選んだらよいか迷ってしまう方は多いと思います。

 

値段が高いと飲み続けることはできないのでコスパが良いことも大事ですね。でも、肝心の効果が実感できなければ元も子もありません。当サイトがヤマノのマカをオススメする理由を説明します。

産地で違うマカの有効成分

マカは、健康維持、美容効果、アンチエイジングなど様々な効果効能が期待できます。このように、人や動物に対して何らかの薬効がある植物のことを「薬用植物」といいますが、全てのマカが「薬用植物」ではありません。

 

マカは、ペルーが原産国の植物ですが、現在、流通しているマカの産地は、国産、中国産など様々。そして同じマカでも産地によって成分は大きく違うといわれています。

 

マカはペルーの過酷な環境下で育つからこそ、有効成分が増えるのだそうです。ですから、ビニールハウス栽培など育ちやすい環境で栽培されたマカは、薬用食物というよりは食用野菜といえるのだそうです。ペルーのマカは日本のマカと比較すると約2倍の二次代謝産物(有効成分)を含有しているということです。

 

ちなみに日本ではマカの有効成分の一つである「グルコシノレート」の含有量が重要と言われています。しかし、グルコシノレートの含有量だけが、マカの効能を決めるわけではありません。マカの効能はどの二次代謝産物が特別に優れているわけではなく、有効成分をバランスよく摂ることが大事なのです。

 

また、マカはペルー産ならどれでもよいというわけでもありません。標高4,000m以上の「フニンのボンボン高原」で育ったマカが≪本物のマカ≫と言えます。マカ本来の力を持つため、ペルー政府も原産地呼称を認めているほど特別なマカです。

 

さらに、同じフニン産でも良質なマカと質の悪いマカがあります。フニン産でも価格の差は大きく、安いマカばかりを集めて販売している業者もあるということです。

ヤマノは現地スタッフが本物のマカを選別

ヤマノは、高品質のマカを栽培するためペルーに現地法人を設立。日本人スタッフ駐在の元、良質のマカを育てることに全力で取り組んでいます。

 

このような「本物のマカ」にこだわっているヤマノのマカなら高い効果が期待できますし、安心して飲むことができると思います。
マカの品質についてのこだわりをもっと知りたい方は公式サイトをご覧ください。

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ