冷え性対策サプリメントの選び方|3つのポイント

冷え性・低体温改善サプリメント ランキングはコチラ

 

1.価格

2.飲みやすさ(大きさ・形状)
3.成分

 

冷え性対策は、食事内容の見直しや運動などで体質を改善していくことが大切ですが、効果を実感するには時間がかかります。そこで、今、注目されているのが、冷え性対策サプリメントです。

 

サプリメントは、いつでも、どこでも飲める手軽さで人気があります。冷え改善に効果が期待できる成分を効率的に摂取できるのは大きな魅力といえるでしょう。

 

小林製薬やサントリー、協和発酵バイオ、DHCなど多くのメーカーから、冷え性改善に役立つとして「めぐり」や「流れ」を良くする成分が配合されたサプリメントが発売されています。

 

どの商品を選んだらよいか迷ったら、感想や体験談、口コミ、ランキングなどを参考に選んでみるのもオススメです。

 

冷え性対策サプリメントに配合される代表的な成分

ショウガ
冷え性改善の代表格です。漢方にも使われているショウガは身体を温める効果に優れています。ショウガオール、ジンゲロン、ジンゲロールという成分が身体を温めて代謝をよくします。

 

⇒関連記事はコチラ

 

ヘスペリジン
柑橘類に多く含まれるポリフェノールで、皮や袋、スジに多く含まれている天然由来の成分です。血行を良くし、毛細血管を拡張する働きがあります。期待できる効果には、毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善、血流改善、抗アレルギー作用などがあります。

 

⇒関連記事はコチラ

 

マカ
ミネラルやビタミン、アミノ酸などの栄養素が含まれています。冷えの改善、ホルモンバランス、自律神経の調整などに効果があるとされています。

 

⇒関連記事はコチラ

 

黒酢
血液の流れが悪い冷え性の状態をサラサラの血液に変えるお酢効果で改善していきます。

 

⇒関連記事はコチラ

 

高麗人参
冷え治療のための漢方薬の生薬としても使われています。中国の長い歴史の中でも温め効果が確認されているものです。

 

⇒関連記事はコチラ

 

ひはつ(畢撥)
東南アジアのコショウ科のスパイスです。有用成分ピペリンが、身体を温め、消化不良など胃腸に良いとされています。穏やかに身体をじわじわと温める効果があると言われています。

 

唐辛子
代表的な冷え性対策サプリメントのひとつ。唐辛子の辛味成分カプサイシンの働きによって身体を温める働きがあります。摂取すると体温が上がり発汗もうながす唐辛子は効果を実感しやすいのではないでしょうか。

 

イチョウ葉
ドイツではイチョウ葉エキスを末梢の動脈閉鎖症の改善に用いるなど、血流改善効果が注目されている成分です。末梢の血流改善効果があり手足の先まで血液を届けるのを助けてくれるので、冷え性対策にも有効です。

複数の温め成分が摂れるサプリメント
・ショウガ・ヒハツ・ヘスペリジン配合 ⇒ 金時しょうが粒
・黒酢・唐辛子・ショウガ配合 ⇒ くろす美人丸

冷え性・低体温改善サプリメント ランキングはコチラ

効果を実感するには一定期間飲み続けることが大切

冷え性改善に役立つ成分は相乗効果も注目されています。漢方や薬膳では、冷え性を改善するために複数の生薬を組み合わせて効果を高めていきます。

 

これは、サプリメントも同様です。「お酢」や「にんにく」にショウガをプラスしたサプリメントは、冷え性対策に更に高い効果が期待できるといえます。

 

冷え性対策サプリメントの効果が実感できるかどうかは、一定期間、飲み続けてみないと分かりません。

 

お試しセットで自分に合うことが確認できたら、3ヶ月は続けてみるとよいでしょう。

 

手軽に利用できるサプリメントを毎日の生活のサポートとして取り入れ、冷え性対策をしていきたいですね。

 

 

 

※この記事は2013年6月7日に書かれたものです(2017年6月21日更新)

スポンサード リンク



  • SEOブログパーツ